選挙王に俺はなる!(後編)

1 / 2 ページ

とゆーワケで、俺は四年二組の選挙管理委員として、初めての会合に出た。 
会合には各クラス一名ずつ、十五名の選挙管理委員が集まった。 
集まった顔ぶれを見ると、どのクラスの代表も、みんな真面目そうな人ばかりだった。 
明かに俺は場違いな感じではあったが、逆にそんな人達の集まりの中に自分がいる事が嬉しかったりもした。 

クラスの代表。 
責任のある立場。 

そんなものには今まで無縁だったから、尚更だった。 

一通り説明を受けて、翌日から校内は選挙活動に入った。 
それと同時に俺と石田ちゃんの選挙活動も始まった。 

俺は担任の先生に促され、委員会で聞いた事をクラスのみんなの前で説明した。 
説明を終えて、更に隣にいた石田ちゃんがみんなに、頑張る事、応援して欲しいとの事を伝えた。 
みんなは拍手した。 
俺はまるで自分にも拍手してくれてるような気持ちになった。 

みんなが色々選挙管理委員会について聞いてきた。 
俺はみんなが集まってくれて嬉しかった。 

石田ちゃんとも事あるごとに、絶対当選しよう。と誓いあった。 

俺と石田ちゃんはそれから毎朝学校の門の脇に立ち、石田昌之を宜しくお願いします! と叫んだ。 

更にそのあと各クラスを回って演説をした。 
クラスで一番秀才の石田ちゃんと、クラスを代表する盆暗の俺が一緒に活動してることがとても不思議だった。今までなら滅多に会話すらしない石田ちゃんと、俺は事あるごとに話し合いをした。明日の朝は裏門にしよう。明日は何組と何組に行こう。 
当選するために頑張ろう。 

励まし合った。 

クラスのみんなが俺に対して、明かに対応が変わってきていた。 
すごく嬉しかったし学校に早く行く事も苦ではなくなってた…。 

絶対当選したいね…。と、毎日石田ちゃんと話していた。 
トイレまで一緒に連れだっていった…。 

こうしてあっという間に投票日になった。 
立候補者が全員体育館で最後の演説を行った。 
全校生徒の前で一人一人演説した。 

こうしてあとは、開票を待つだけとなった。 

全校生徒が帰宅したあと、選挙管理委員会が開票を始めた。 
ある教室に集まり、会長、副会長…と、順々に開票し、当確者が確定していった…。 

そして遂に、書記の番になった。 

名前を黒板に書き出し、正の字をつけながら票数を数えていく。 

石田ちゃんは当初は票数が伸び悩んだが、途中から徐々に盛り返していった。 

大体当選ラインは350票前後だった。 
俺は票が伸びるのを祈った。 

そして…。 

黒板に信じられないものをみた。 

石田ちゃんの票数が380もあったのだ! 

俺は何回も何回もみた! 隣にいた五年生にまで確認した。 
やっぱり380超えだ! 

(やったーー!) 

俺は職員室に走り、担任の先生に、石田ちゃんが当選した事を告げた。 

先生は本当に嬉しそうに、 

『おめでとう! おめでとう!』 

と言って両肩を叩いてくれた。 
本当に俺も嬉しかった。 

著者のキブロワイトさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。