本物の医療とは??高齢者の医療と、ウサギの斜頸

1 / 2 ページ

ばーちゃんのお見舞いに行った。。。

ばーちゃん手が冷たかった(つД`)ノ(ToT)))/~~~
スゴい嫌な予感がする(つД`)ノ( ;∀;))
顔色悪かった。。
私は、リラクゼーション系の仕事をしていました。
身を持って、人間が持つ自然治癒力みたいなやつ?
を身体で体感してた&
その業界特有の?簡単に手術するのではなく、マッサージや日々の生活の中で治そうみたいな人が
仕事場にいた関係で、一般人とは医療に対する感覚が違うかもしれません><m(_ _)m

ばーちゃん90歳過ぎてる。
病院に入院してどれぐらいだろうか。
歩いてないので、
歩行がやばくなってる。。。
自分としては、病院から連れ出したい。
ばーちゃん家に帰りたがってたみたいだ。
お見舞いに行って、聞こえてきた
他の患者さんが「家に帰りたい!」って声が聞こえてきた。

もしも自分が90過ぎのばーちゃんだったら・・・
体調悪くなっても、病院に行かないかもしれない。

私自身は、病気は悪だとは感じていない。
菌も一概に悪者だとは思っていない。

風邪を治す薬は無い事を知った。
発熱は基本的には、発熱して、病原菌をやっつけてるみたいなウワサを聞いた。
よく口内炎ができてた。
炎症がおきるのは、その部分を治してるから。
炎症も一概に悪ではなく、身体が治療してる
治癒反応のひとつってのを
なんとなく知った
(病気に対する考え方は、様々あると思います。
何が正しいかは、人それぞれm(_ _)m

リラクゼーションの仕事をする中で、
いろんな東洋医学などの本を読んで、
健康の基本は、「睡眠、運動、食事」みたいな基本的な事って知った。
というか、当たり前かもしれない。
ばーちゃん世話してる、私の親は、
そういうの考えているのかな。
医療に対する考え方に相違があって、もう疲れてしまって・・・
親に話せていない。

ばーちゃんが入院したのは、
まだ寒かった。冬やった。
今は、花がきれい!

ばーちゃんに、生命力が生き生きしている今の季節を見せてあげたい。
本当は連れ出したい。

私も昔は、不安な事があれば、
何度も病院にかかってたりしてた。
前、ウサギを飼っていた。
斜頸になった。首が傾く。
動物病院の先生から「安静に」と言われたようだ。親が病院に行ってくれた。

私は、医療に疑問を持っていた。
以前、うつ病の旦那さんが病院の先生に「安静に」みたいにいわれてたようで、あまり活動してなかったような本を読んだ。本の中で、旦那さんはその後、自死してしまったような…記憶が・・( ;∀;)))涙))
心がハッピーになるには、活動する身体を動かす、外に出たり、
とにかく好きな事するの良くないかなぁと感じてた。

で、私は、飼っていたウサギさんを
よく連れて行ってた、近所の河原に一緒に行った。
私は、医者を盲信する者ではなかった。

家でウサギは、落ち込んでるようだった。
自分の身体の変化に、落ち込んでるようだった。。

ウサギを河原に連れてった。
好きなようにさせた。。
時々、首がグルグルまわる。。。

私は、草の心地良さ。。
河原の心地良さ。。
太陽や空の心地良さ。。
そよそよと吹く風。。
河原を散歩する人やペットさんたち。
樹々や植物たちや自然がウサギさんを助けてくれるかもしれないと・・

日が暮れて、暗くなった。。。
草の上に寝転んで、空を見上げた。
寝転がって、空を見上げながら、ウサギさんに話をした。
「うさちゃんが、また散歩とかしたいなら、きっとできる。
治す力は、うさちゃんの中にある。
またお散歩したりしたいならきっとできる。」
治す力は、うさちゃん自身が持ってるみたいな話を
草っ原、じっとしてるウサギさんに、寝っ転がって撫でながらした。

家に帰ってきた。
部屋に放つ。
ウサギさんは、せかせかと動きまわるようになった。。
連れてく前は、じっとしてた。
自然の息吹を感じて、生命力が蘇ったらと思った。
私は、その後も、
病院の先生の話じゃなくて、ウサギさんの好きなようにさせた。
その後、病院行くことなかったけど。

安静が大事なら、ウサギさんは安静にするだろうし、
動きたいなら、動くだろうし、
治るっていうには、本人のモチベーション大事かもと感じてたので、
気持ちがさがらないように、好きなようにさせた。

その後、ウサギさんの斜頸ひどくなる事、なかった。。。
時々、首が少し傾いてるかなと感じることあったけど、
前とほぼ、変わらなかった。。。
前と同じように動くことできてた、生活にも支障なかった。

その後、背骨がヘルニア?みたいになった。
首は大丈夫やった。
ヘルニアからくる、足の麻痺は、
マッサージで改善させてた。。。
動物病院でもらった薬を、
ウサギさんにあげたら・・
鼻でよけていた・・・
私は、薬信者ではなかったので、飲まないなら飲まないでよかった。
私は旬のものを食べさせた方が良いと感じたので、
河原に行った時に、その時の旬の植物を(自然に生えてたやつ・・)
思い切り食べてもらった。というか、ほっといて、河原で好きなようにさせた。
調子が悪い時は、

著者の人工 知能さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。