それは神がかり的な出会いから始まった~その5

前話: それは、神ががり的な出会いから始まった~その4
次話: それは神がかり的な出会いから始まった~その6




ここは平泉駅前の商店街。


60年前は両脇に家などなかったそうで、

ここでも義母はどうもピンと来ないようでした。


「駅の向こうに行けるかしら?」


案内の方に聞くと、

「もちろんどうぞ」とホームに抜ける扉を開けてくれました。


   ━─━─━─━─━─



あっ!!


義母と叔母が同時に声を上げました。





駅の向こうには

60年前と同じ風景が広がっていたのです!!


線路も、線路から見える山々も。


「あの山に栗拾いに行ったのよ!百合の花も摘みに行った。

 そうそう!あの山、なんて懐かしい……」


義母は目にいっぱい涙を溜めながら

当時を思い出しているようでした。


「お父さん、お母さん、戻ってきたよ。平泉だよ」


叔母は、日本から持参した祖父母の写真をそっと取り出し、

懐かしい景色を見せてあげていました。


「あっ!あの道! ほら、あの道も同じだよ!」





2人が小学校の頃、毎日通った線路を渡る小径です。

なんと、同じ場所にそのままありました!


ただ少し変わっていたのは、新しく塀ができていたこと。


「あの塀の向こうに満鉄の官舎があったんだけど……」


そこに昔の家はもうないと分かっていても

確かめずにはいられませんでした。


今はどうなっているのか。

官舎の跡地はどう変わってしまったのか……。

  ━─━─━─━─━─





塀で囲まれたその一角は、

今でも鉄道関係者の住宅地なんだそうです。


でも、義母が住んでいた頃の面影は全くありません。


「少し歩いてみましょうか」


ガイドさんに誘われるまま、横の小径に入っていくと、

古い住宅地に突き当たりました。


「当時の様子が分かる人がいるかもしれません。

 ちょっと聞いてみましょうね」





家の中から出てきたおじさんが

何やら説明しているようです。


通訳してもらうと、

この家は45年前に建てられたもので

もう誰も住んでいないとのこと。


「そうか、これで築45年だったら

60年前の建物なんてもうないよね」


私たちがガッカリしていると

おじさんがこんなことを教えてくれました。


「ここからちょっと歩いた所に

日本人が建てた家が3軒だけ残っているよ。

でも、あと3ヶ月で取り壊される予定なんだ」


………


言葉を無くすと同時に、鳥肌が立ってきました。


なんという偶然!

この平泉に、当時の建物がまだ残っていたなんて!


しかも3ヶ月後に来ていたら、もう見られなかったなんて!


「おじさん、謝謝!」

信じられない気持ちで、私たちは先を急ぎました。


どんな家なんだろう?

義母たちが暮らしていたような家なんだろうか?



続きのストーリーはこちら!

それは神がかり的な出会いから始まった~その6

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。