【My Story】第九話 人生のターニングポイント「幸せになる勇気」

前話: 【My Story】第八話 フリーター期「もう一度人生を変える決意」
次話: 【My Story】第十話 結婚と人生に対する向き合い方への変化 「可能性と希望」

前回は、無職からのスーパーアルバイト生活について

お話した。



これまでのストーリーはこちら



毎月安定した収入を得ることはできたし、

とりあえず心の安定は保たれていた。


しかし、根本的に人生を変えることはできていなかった。



何より、「自分の力で稼ぐことができていなかった」



いくら会社で成績を上げようとも、

それは、会社のおかげ。


会社のブランドと信用があるから成り立つことだ。

そう思っていた。




そんな折、パートナーとこれからどう生きていくか?



向き合う時が来た。




僕は、彼女のことを愛していたし、

出会った頃から、結婚すると直感的に感じていた。



しかし、タイミングを待てども、

ちょうどいいタイミングというものは訪れず、

お互いに人生の荒波に揉まれていた。




僕はお金の問題があったし、


パートナーは、公務員として働き始めてから、

体調を崩したり、突発性難聴で入院することさえあった。



お互いに、このままでは駄目になってしまう。



そう思っていた。



出会ってから7年。僕たちは幸せになることを決めた。


僕たちは長かった、彼氏・彼女という関係を終え、夫婦になることを決めた。

現状がどうであれ、必ず幸せになる。ということをこの時決めた。



僕は、この時以来、幸せであることを手放したことは一度もない。



お金があろうと、なかろうと

仕事があろうと、なかろうと

信用があろうと、なかろうと



一切の条件なく、幸せであることを決めた。




2017年、8月20日




僕たちの結婚記念日。





幸せであることを、この日僕たちは誓い合った。




つづく。



Written by Naoya Ichida



続きのストーリーはこちら!

【My Story】第十話 結婚と人生に対する向き合い方への変化 「可能性と希望」

著者の市田 直也さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。