僕の逃げ人生(2) 逃げ⇒前向きな逃げへ

1 / 2 ページ

前話: 僕の逃げ人生(1)  学生時代に経験した3つの逃げ

前回のストーリーから引き続き読んでいただき、

本当に感謝です。

 

前回では、僕が

『逃げ』の『逃げ』による『逃げ』のための人生

を過ごしていることを分かってもらったかと思います。

 

中学の時には、期待のプレッシャーから逃げ、

高校の時には、ニキビという現状から逃げ、

大学の時には、環境の変化から逃げてきました。

 

そんな僕にある変化が訪れた出来事があります。

 

mns0007-009

 

ふとしたきっかけで、

ニューヨークの郊外で農業をしている

ある日本人の方を知りました。

 

家族で無農薬の農業をされておられ、

ゲストハウスで、宿泊できるような取り組みを

されているということでした。

 

僕は心に決めて、

その方のところへ3週間滞在することにしたのです。

 

ニューヨークといっても郊外なので、

都市部とは車で3時間ほどかかる場所にあり、

周りは緑しかないという環境です。

 

そこで、3週間農業を手伝いました。

 

そして、その内の5日間だけ、

ニューヨークの都市部とカナダに

小旅行することにしました。

 

ニューヨークのブロードウェイで

ビル1面に広がる動く映像広告を

見た時に、僕は衝撃を受けました。

 

まるで近未来にきたかのような、

想像を絶する光景に、

圧倒されてしまいました。

 

そんなことで、とあなたは思うかもしれません。

 

しかし、僕は今まで、

自分の世界は下宿先のマンションの1室でしかなかったのです。

 

マンションの1室で送っていただ人生だったのに、

1歩踏み出せばこんなにも世界が広がる

ということに身も震えるほどの感動を覚えました。

 

それの出来事が、今の僕も形成しているといっても、

過言ではありません。

 

それからは、

自分に興味のあることに飛びついて、

色々なことをやりました。

 

母が歌手であることも原因を1つとなり、

音楽の作曲と打ち込みがしたかったので、

ゲーム制作サークルに入り、

ゲームBGMを作りました。

 

この経験のおかげで、今現在、

京都地下鉄の予告音に

僕の音楽が使用されています。

 

あと、ビジネスにも興味をもち、

ビジネス系の学生団体に入りました。

 

社会人の方とお話したり、

ビジネスコンテストの運営をしたり、

チラシやHPのデザインをさせてもらったりしました。

 

このころに、デザインをすることの面白さを発見して、

今はそれが仕事になっているんですから、不思議なものです。

 

また、

発達障害や不登校の生徒の家庭教師のバイトで頑張って、

その年の優秀講師に選ばれたりもしました。

 

とにかく、今まで何もしていなかった分を

取り返すかのように、

必死に何かをやっていたという感じです。

 

でもあの必死さは、結構大事だったと思います。

 

そんな中、

大学3年生の就職活動の時期になりました。

 

しかし、親も芸術家で、周りにもサラリーマンの人が少ない上、

イメージも湧かなかったし、

僕の中では「毎日朝早くに起きて、通勤列車に乗る」という行為が

いやでしかたありませんでした。

 

ずっと、環境から逃げてきた僕には、

絶対に向いていないし、まず無理だ。

それに、全くやりたいと思わない。

 

そう思った時に、もう一つの選択肢を選ぶ事にしました。

「起業しよう!!」

そう思い、3回生の時から

意識的に起業に向けた活動するようになりました。

 

「起業」

 

この選択は、自分で『逃げ』だと思っています。

 

今まで、ずっと逃げてきました。

 

逃げるということに、ずっと罪悪感と閉塞感を味わってきました。

 

しかし、今回選んだ『逃げ』は、

今までの『逃げ』とは違う、前向きな『逃げ』でした。

 

どちらかというと、

逃げるというよりは、『脱出する』って感じですね。

 

著者の江藤 誠哉さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。