誉言の書 Vol3

前話: 誉言の書 Vol2
次話: 誉言の書 Vol6

これから本当にあなたのその希望の扉が開かれていく、そしてあなた自身が本当に望んでいるもの願い、そしてまた願望、そういったものをあなた自身にこうはっきりと見えていきます。そしてなにかそのあなたがまだまだ気づいていない自分自身の才能、力、そしてまた自分自身の輝きをあなたに見せていきますよ。なんかその本当に自分はここまででこれでいいんだ!という風に思っている、だけれどもそれはあなた自身がその自分自身に自信が無いから避けて通っている、そういった部分かもしれません。そのあなたの自信の無さの部分にも光を大きく照らし、そして本当のあなたの姿をあなたに見せていきます。あなたはもっともっと大きな存在ですよ。そしてもっともっとあなたがあなた自身を認められるようにあなたにその自信を付けていく、その光を見せていきます。またあなた自身に大きなそのスピリチュアルな能力があることもこれから気づかせていきますよ。あなたはまだまだ気づいていないかもしれない。その水面下にあるあなたの力、そしてあなたの純粋な想い、そしてまた子ども心に抱いていたあなたの夢をもう一度復活思い出し、そしてその道を大きく切り開き、飛躍できるようにあなたを導いていきます。多くの天使があなたをいつもいつも見守り、守護していますよ。そしてまた何かその強い大きな力をもってあなた自身が開花するのをまだかまだかと何かちょっとイライラするかな感じか、待ち構えている存在もいます。そういった人々、そういった大きな存在に見守られながら沢山のサポートを得て、あなたがあなたの道を切り開いていくことでしょう。本当にこう人生が昨日今日明日という風に延長線にあるのではなくて、あなた自身をまた今新たな自分自身、新たに生まれ変わっていく、そういった時を迎えていますよ。抵抗せずに心を開いてオープンにそして素直にそれを受け取っていってください。あなたが本当にこうこれまで抵抗して、そんな私には無理!私はそんな存在じゃないから!という風に避けて通ってきて、沢山のチャンスを逃してきた。だけれども沢山のチャンスがまだまだこれからも同じくあなたに巡ってきますよ。そしてチャンスはいつも目の前にあります。あなたがそのそれを見て、それをしっかり掴み、そしてそれを体験できるように多くの存在があなたを見守り、慈しみ、そして愛していますよ。あなたはいつの時代も一人ではなく、沢山の存在があなたを本当に好いていて、そしてあなたを幸せにしたい、そういった存在があなたの身の回りに常に常に守護しています。その事をいつもいつも思い出して、そしてあなたの力をあなた自身が信じていってください。

続きのストーリーはこちら!

誉言の書 Vol6

著者の梶浦 亜女里さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。