偏差値27.5からの大学合格 その10

前話: 偏差値27.5からの大学合格 その9
次話: 偏差値27.5からの大学合格 その11

きっかけは・・・その6

  
 当時の代ゼミ人気講師で忘れてはならないのは「現代文=例の方法=」の有坂誠人。
 「入試問題は、本文を理解するんじゃない。出題者が本文をどのように読んだかを理解するんだ」
 「選択肢を作る時の出題者の心理を読め」は、当時としては画期的な言葉であったろう。
 この先生の授業は、エンカウンター(心理学上のエクササイズ)など用いたものだったのかなと今思うこともある。
 当時の私はあまり好きではなく、夏期講習のみで以後受講はしなくなったが、問題へのアプローチで大きな影響を受けたことは間違いない。

続きのストーリーはこちら!

偏差値27.5からの大学合格 その11

著者のNobu Ishiiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。