偏差値27.5からの大学合格 その22

前話: 偏差値27.5からの大学合格 その21
次話: 偏差値27.5からの大学合格 その23
いよいよ受験本番
  昨年受けた大学をもう一度受けることが多かったこともあり・・・特に困ったことはなかった。
 
 思い出すのは、K大学の受験会場が、代ゼミ。
 それも私のホームである「原宿校舎」の「私大文系クラスの教室」であったことだ。
 2月中旬までに5つの大学の受験が終わると、とにかく3月の夜間部の受験に備えてペースを変えず勉強していた。
 むしろ集中力が高まる感じで、逆に雑念がなくなったような気がした。
 
 各大学とも、発表は10日後くらいだったように記憶している。
 昨年のように発表を見に行く気は全くなかった。それより勉強である。
 夜間部の受験までには発表は全てあるが、発表が何日かとか・・・全く意識しなかった。ひたすら、勉強していた。緊張の糸は切れなかった。

続きのストーリーはこちら!

偏差値27.5からの大学合格 その23

著者のNobu Ishiiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。