偏差値27.5からの大学合格 その23

前話: 偏差値27.5からの大学合格 その22
次話: 偏差値27.5からの大学合格 その24
そして・・・
  いつものように夜11時過ぎに帰宅すると、母が「何か大きい封筒届いているわよ」と言う。
  
 水色のB4版の封筒である。
 開けると・・・合格通知であった。
 
 手続き書類がたくさん入っていた。
 昨年のように、紙切れ一枚ではなかった。
 うれしい・・・というよりホッとした。
 「もう浪人しなくていいんだ・・・」
 「とにかく4月から、自分の行き先がある」
 それが実感であった。
   翌日、明治からの合格通知も届いた。
  発表日程を確認すると、2日後が早稲田の発表日であった。
   合格しても、朝は始発に乗って予備校に行き、自習室にこもっていた。
  授業は2月中旬で終了していた。2月になると、だんだん教室の人数が減ってくる。でも、私は出席を続けた。
 
 「最後まで授業に出て頑張った人の努力が報われるんです」という先生方の言葉を無条件で信じることができた。
 早稲田の発表は午後1時。
 その日は、午前で代ゼミを出て、細い道を大学に向かった。

  ・・・あった・・・

 身体が震えた。初めて「嬉しい」という気持ちが湧いた。

続きのストーリーはこちら!

偏差値27.5からの大学合格 その24

著者のNobu Ishiiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。