ボーダーの私が『普通』になるまでの物語⑧

前話: ボーダーの私が『普通』になるまでの物語⑦
次話: ボーダーの私が『普通』になるまでの物語⑨

【私にとっての普通へ】

 

実家の近くに整骨院があったのでそこの受付で雇ってもらえることになった。

最初は覚えることもあって大変だし、そもそも7年間、社会との関係を経ち続けていたから、気持ちもいっぱいいっぱい。

 

だんだん苦しくなり、つらくなった。

 

ストレスで過食・嘔吐もひどくなり、行きたくない衝動から睡眠薬を大量に飲んだ。

 

やってしまった、、、

 

朝起きても意識がもうろうとしていて動けない。

目がまわる。

身体も思うように動かない。

 

母親に仕事場に電話してもらうよう頼んだが断わられた。

当たり前だ、、、

 

自分で院長に電話をして謝った。

 

今までの私だったらそのままバックレていただろう。

 

ただ、アルバイトをはじめるときにも決めたルールがあった。

それは「クビになるまで自分からは絶対にやめない」

 

そうやって何とか続けることができた。

 

 

その後は他の仕事もやりたくなり、事務の仕事をはじめた。

 

慣れない電話対応とパソコン業務。

怒られることも多く、精神的にしんどかった。

また過食が増えた。

毎日のように泣いた。

でもここでもルールは守った。

 

「クビになるまではやめない」

 

26歳くらいまでは過食・嘔吐も続いた。

 

ただ、徐々に過食の頻度は少なくなり、いつのまにかなくなった。

 

私の感覚からすると、まずは忙しくなり過食をする時間が少なくなった。

今までは夜眠れないことが多く、不安になり、過食をするということも多かったが、事務の仕事をはじめてからは疲れてすぐに眠れるようになった。

 

私の睡眠障害はただ疲れていなかったからなのか・・・?と思うほど。

 

「多忙になるから過食がなくなる」そんな単純なことではないと思うが、脳と身体を健全に疲れさせることは必要なのかなと思った。

 

あとは、仕事をすることで少しづつ自信がついていった。

「普通」の生活を送れていることが嬉しかった。

雑用でもなんでも必要とされることが嬉しかった

 

やはりこの辺りが一番大きいんだと思う。

 

今は、心理学の勉強やヨガをしていく中で、最終的には「ただここにいるだけでいい」

 

特別頑張らなくても、何かをしていなくても別にいい。

 

生きているだけ。それでいいと思う。

 

ただ、頑張りたければ頑張ればいい。そんな感じだ。

 

今の私は頑張りたい。だから頑張る。

続きのストーリーはこちら!

ボーダーの私が『普通』になるまでの物語⑨

著者のSaito Akiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。