沖縄県の学力って誤解されているような気がする(5)

前話: 沖縄の高校生の学力って誤解されているような気がする(4)
次話: 沖縄県の学力って誤解されているような気がする(6)

5、沖縄の高校生の学力に問題があるという言う大人に多いタイプ?

  人には2つのタイプがあって、

 0→1が得意なタイプと

 1→10が得意なタイプがいます。

 この二つのタイプが協働すると、最強のチームができあがるのですが・・・

 

 沖縄の高校生は…という大人は「1→10が得意なタイプ」が多かったです。

 学力が一定水準以上に達していない高校生には「教える価値なし」だそうです。

 一方で、ある程度できる子供たちは「お気に入り」でした。こういう高校生を伸ばすことは得意で、実際、成績は向上していきました。

 そして、彼らが「教える価値なし」と見なした高校生を教えているスタッフにはこう言っていました。

「ああいう高校生に時間を割くのはムダ」

「コスト意識を持て」

「教える高校生は選ぶべき」

 

 「学習支援という場」において、

これは「公的な方針」なのか?

 単なる「私的な価値観」に過ぎないのではないか??

 

 そんな中、彼らの叱責の対象が、徐々に私になってきたのでした。

 

 

続きのストーリーはこちら!

沖縄県の学力って誤解されているような気がする(6)

著者のNobu Ishiiさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。