今の時期だからこそ、、、その11

前話: 今の時期だからこそ、、、その10(5月13日)加筆
次話: 今の時期だからこそ、、、その12

 相変わらず、1日あたりの感染者数の増加が伸び続けているインドです。

 政府からのロックダウンの延長に関しての詳細な取り組みに関しての情報が無いまま、私が住む州から州独自の対策に関しての通達が来ました。
 航空機、メトロでの移動は引き続き禁止されていますが、タクシーやバス、鉄道といった乗り物による移動は緩和されました。
 また、引き続き禁止されているものとしては、映画館、ショッピングモール、各種集会所があります。
 それ以外の禁止や封鎖されていたものが全て緩和されたと言う感じです。(結構厳しい条件があるものもありますが、、、。)

 が、、、1日あたりのインド全体の感染者数の増加は現在5,000人規模。
 さらに、私が住む州でも、先週以前は1日あたりの感染者数の増加は10〜40人程度の値をウロウロしている感じでしたが、この3日間ほどは常に五十人を超えており、昨日に至っては150人超え!
 明らかに第二次感染拡大が始まったと感じられる状況です。
 インド時間の今朝方日本の実家と電話で話しましたが、日本でもインドでの感染拡大がニュースで報道されていると言う事でした。
 新型コロナウィルス に関する政府発表の数字を追いかける限りは、感染拡大中!!ロックダウンを続けるべき!!と言う気持ちなのですが、、、。
 インド人の状況を見る限りは、『緩和措置も仕方がないのかなぁ?』とも思えます。

 一番の問題は、ロックダウンによる経済の停滞に関して、政府の対応が遅れていると言う状況です。この為日雇いの様な条件で働いている労働者(調べてませんが体感でインドの労働者の約60%くらい)は、ロックダウンで仕事がなくなり生活すらままならなくなっている様です。
 そして、そう言う労働者の多くはヒンズー教徒で今のインド首相の支持者。だから、緩和措置を取らざるを得ない、、、、といった感じでしょうか?
 何にしても、感染拡大中にロックダウンの処置の緩和を実施した国は、世界でインドだけになるのでは無いでしょうか?
 そして、それによる第二次感染拡大、甚大な人的被害、、、、。
 この生活が長いせいか、どうも暗い方に考える癖が抜けません。

 今後どの様になっていくのか、、、そして、今の状況だといつ大使館から日本への帰国を促されるか、わからない状況です。
 とりあえず、インド滞在中は可能な限りこの記事の更新をしていく予定です。

続きのストーリーはこちら!

今の時期だからこそ、、、その12

著者の佐藤 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。