世界最高のリベンジNo26

前話: 世界最高のリベンジNo25
次話: 世界最高のリベンジNo27(Wの悲劇)

ドキドキ。

家の中では、インターホンに反応して犬が泣いている。

 ・・・でも、誰かが出てくる気配はない。

少し待って、もう一度押してみた。

ピンポーン・・・人の気配がしない。

留守なのか?

最後にもう一度だけ、押してみた。

やはり、誰も居ない。

留守だ・・・。 ショック。

「あ~、もう今日はムリかもしれない・・・。」

勢い勇んで、来ただけにがっかりだ。

     どうしよう~。

   残念だけど、今日は諦めて、又来週来てみよう・・・。

そう思って、車に乗ってエンジンを掛けた時、

バックミラーに、一台の車が停まったのが見えた。

車には男女が乗っていた。

運転席から誰かが降りて、こちらに歩いてきた。

     誰だろう・・・?
車の横に来ると、その男の人は言った。

    「何か御用ですか?」

その言葉で、 「倫子の旦那だ!」 と分かった。

心の準備が消えかけた時の、行き成りの登場に焦ってしまった。

「わ、私は○○と言いますが・・・・あの・・・・実は・・・・」

突然、こんな窓越しで、貴方の妻の不倫話なんて、どう話せばいいの。。。。?

そうだ、まずは確認だけはしなくては・・・。

私は倫子の車のナンバーを写した写真を見せた。


カ 「これは、お宅の車で合ってますか?」

その男の人は、その写真をじっと見て答えた。

 「はい、そうですけど・・?」

(分かっていたけど、やはり相手は倫子だった。)

カ 「それじゃぁ、ちょっとお話したい事があるんですけど・・・」


倫子の旦那は少し真剣な表情になった・・・。


その時、後方からニコニコしながら、助手席に乗っていた女の子が近づいてきた。

倫子の娘だ。

父親が話していたから、自分の家に来たお客さんだと思ったんだろう。


無邪気な笑顔が痛い。


軽く会釈をすると、空気を読んだのか、又車に戻っていった。

そして、私達は話をつづけた。

 「どんな事でしょうか?」

彼は少し不思議そうな顔で聞いた。

(そんな事、この場で簡単に話せる訳が無い・・)

カ 
「すみませんが、お嬢さんもいらっしゃるし、

     今ここでは話せないんで、
   何処か近くの喫茶店とかで話せますか?」


     それを聞いて、あきらかに彼の表情が変わった。 

私の神妙な話し方で、何かただ事じゃないと気付いたのだろう。


「分かりました!直ぐ近くに喫茶店があるので付いてきてくれますか?」


彼は、娘さんに何かを伝えると、車に乗りスタートした。

その後ろを追いながら、私は思った。


私の最強の味方・・・。


ラゴンが誰よりも恐れる相手、


私と共に戦ってくれる最強の戦士の登場だ! 

続きのストーリーはこちら!

世界最高のリベンジNo27(Wの悲劇)

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。