世界最高のリベンジNo28 ダブル不倫の悲劇

前話: 世界最高のリベンジNo27(Wの悲劇)
次話: 世界最高のリベンジNo29 ダブル不倫の悲劇

私は、アベンの目を見て言った。

アベンは、一瞬 無表情になった。

言葉で表現するのは難しいけど、

サーと感情が無くなっていくような・・・

それでいて、心の何処かで何かを受け止めているかのような

状態だったと思う。

人間って、思いもよらない事が起こった瞬間、

頭で理解するのが、数秒遅れるのだと思う。

よく、「その瞬間何が起こったのか分からなかった。」と言う言葉を耳にするけど、

まさにこの状態だったと思う。


アベンは、取り乱す事も無く比較的落ち着いた様子で、淡々と話し始めた。


ア 「やっぱり、そうやったんか・・・」
 

 「いや、僕も嫁を見てて毎回毎回飲みに行ったり、

  日曜日の度に出かけて行って

   おかしいとは思ってたんです。」

「洗濯物を取り込む時、何年か前から下着が全然違うし、

 何かオカシイと思て疑っても、確かめる事も出来んし、

   まぁ浮気は無いやろ!と思てたんやけど・・・」

  
 「今日も娘が・・

「お母さん又出かけたん?いつもいつも何処行ってるん?」

 と言う程で、、

日曜日は、いつも昼ご飯が無いから、さっき娘と昼飯買いに

行ってたんです・・・」

娘さんと2人で車に乗って買い物に行く父親って言うだけで、

いいお父さんなんだという事が直ぐ理解出来た。

ラゴンだったら、絶対に無い。

ラゴンは行けても、今更子供達が嫌がる。 

それだけ、ラゴンに対しては家族全員が冷めきっていた。

こんな、いい旦那さんを騙して不倫をしている2人にも

マジで怒りが込み上げてきた。

そして私は言った。

カ 「毎週、日曜日。 2人はAホールの駐車場で、

   待ち合わせしてデートしてます。

   今日も、奥さんの車で一緒にいます。」



それを聞いて、アベンもジワジワと怒りが込み上げてきた様子だった。


ア 「ちょっとすみません。たばこ吸ってもいいですか?」

アベンのたばこを吸う手が震えていた。

続きのストーリーはこちら!

世界最高のリベンジNo29 ダブル不倫の悲劇

著者の花蓮 上野さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。