今の時期だからこそ、、、その19

前話: 今の時期だからこそ、、、その18
次話: 今の時期だからこそ、、、その19.5

 先週は、実は更新をした後で結構いろいろなことが発生しており、その度に更新をしようかとも考えたのですが、確定をしていないことも多かったので今日の更新まで待っていました。

 大きく影響が出たこととしては、7月17日に予定をしていた日本への一時帰国はキャンセルになりました。
 理由はドバイー日本間のフライトは予定通りに運行を開始しているのですが、懸念をしていた通りにインドードバイ間のフライトがキャンセルされたためです。
 ある意味当然と言えば当然です。昨日の検査結果で今までのそう感染者数が87万人を超えており、1日あたりの新規感染者数も3万人弱となっている状況では、フライトがキャンセルされて当たり前だと思います。
 また、他の航空会社がインドーUAE間のフライトを復活させようとはしているのですが、UAE国籍の方やUAEで働いており滞在許可書を持っている人が対象とされており、インドで働いている私は対象外となっています。

 が、7月10日にインドの首都デリーから日本の羽田に戻る、7月30日の臨時便の航空チケットの予約が開始されました。
 自分的に、過去にイッセー緒方さんの一人芝居のチケットを購入しようとした時以来の、予約開始時間(こちらの時間で10時30分)ほぼジャストに電話をし、2回目の掛け直しで無事にチケット予約センターに繋がりました。
 そして、約15分後に無事に日本戻りのチケットの入手に成功しました。

 これで、無事に日本に生きて帰れる、、、と思っていた矢先の翌7月11日に、本社があるUAEより『新製品の開発を至急進める必要がある。対応を!』と言う連絡がきました。
 いろいろなことを検討した結果、私がいるインド工場だけではほぼ対応ができないことが確定し、私が製品開発に使用する道具や部材を持ってUAEに行くことになりました。
 が、インドーUAE間のフライトはなく、『さぁ、どうしよう?』と悩んでいたところに、追い討ちをかける様にスタッフから『来週14日から1週間の予定で私が住んでいる都市もロックダウンを再開することが決定された!!』とのニュースが飛び込んできました。
 『1週間の予定』とは言われていますが、今の状況を見れば2〜3週間継続するのは安易に予想ができます。
 この状況で、UAEへの出張ができるのか?それとも日本に戻るのか?
 最悪のケースとして、臨時便が飛び立つデリーへ私が移動できないとうい自体も想定されてる状況になりました。

 ロックダウンに関しての規制の情報は、本日7月13日に日本総領事館から連絡が来ることになっています。
 7月30日へのデリーへの移動をどの様にするかは、その連絡を見てからになると思います。
 UAE出張の方は、実際の飛行機の運行状況を見ながら検討する内容になっているので、これは政府の発表や、航空会社からのアナウンス待ちになります。
 こうやって、改めて書き出すと、意外と何も進んでおらず、アナウンス待ちという状況ばかりだと、ため息が出るばかりです。

続きのストーリーはこちら!

今の時期だからこそ、、、その19.5

著者の佐藤 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。