今の時期だからこそ、、、その19.5

前話: 今の時期だからこそ、、、その19
次話: 今の時期だからこそ、、、その20

 今週は記事の更新で二回失敗をしています。

 最初は7月13日に更新をした記事ですが、『公開』ボタンを押したつもりが『保存』ボタンだった様で、7月16日に気がつくまで放置していました。
 2回目は7月16日に住んでいる地域で始まったロックダウンのことなどを、13日の記事に追加して改めて公開しようとしたのですが、インドのネットワークの不調(一時的に通信速度がほぼ0bpsになる時間帯がありました)の影響か、追加で書き込んだ記事が全てなくなり、13日に公開し忘れていた記事のみを公開する羽目に、、、。
 というわけで、昨日追加で公開したかった記事を改めて書いて公開します。

 まず感染者数ですが、今日発表の数値で総感染者数が100万人を突破、1日あたりの感染者数も3万人を超えている状況です。13日(集計日は12日)から5日間で13万人の新たな感染者が見つかったことになります。
 このペースだと8月中旬には200万人を突破しかねない勢いです。
 また私が住む州においても1日あたりの新規感染者数が15日は発表で約2,400人、16日の発表で約3,000人、17日の発表で約4,000人と猛烈な勢いで増加しています。
 また、私が住む都市の中の町(地域)では、昨日1日約130人の新規感染者が見つかっています。

 その状況でのロックダウンの開始、、、なのですが、インド人は至って普通で全く緊張感がない状態です。だからか、外出が許可されている人(一部の製造業者や食品関係の仕事の方、警察・消防・病院そして役所などで働く人たちなど)以外の人も、結構家の外に出て、集まって井戸端会議をしています。当然ソーシャルディスタンスなんか守られていませんし、マスクは顔に付けていますが喋る時は邪魔なのか『顎マスク』状態。
 本来それを取り締まるべき警察や警備の人たちも似た様な状況なので、『確実にロックダウンの意味がない!』という、ツッコミをしたい状況です。
 まぁ、もともと危険予知による行動ができない国民性なのか、自分に実害がない状況であれば、全くルールを守らない方々なのである意味この状況でも仕方がないのかなぁ、、、と思います。

 現状、私の住む都市からデリーまでの移動の航空チケット、デリーから日本への航空チケット、日本に到着後実家まで移動するための移動手段に関しては全て手配済みですが、私の住む都市の空港がいつ閉鎖されるかわからない状況です。(感染者数の増加があまりに悪化しているので、空港閉鎖の措置が取られる可能性が非常に高いです。)
 あと約2週間、7月30日まで空港が閉鎖されなければ、7月31日の朝には日本に戻っていますが、、、閉鎖されてしまうと、またしばらくはインド滞在となります。
 さらに私が新型コロナウィルス に感染するというリスクも、どんどん上昇中です。

 日本戻りが早いか、空港閉鎖が早いか、はたまた新型コロナウィルス に感染するのが早いか、、、三つ巴のマッチレース状態となりました。
 さて、どうなるでしょう?

続きのストーリーはこちら!

今の時期だからこそ、、、その20

著者の佐藤 隆さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。