その1:ほたるの光とガラスのしゃぼん玉。

これは、僕の生き方を左右する忘れられない出来事になった。


顔をくちゃくちゃにして泣いている青年がいた。


呼吸も満足に出来ないほどに乱れ、子供が泣きじゃくるように声を上げて泣いていた。




着ているシャツが胸のあたりからジワジワ色を変えていく、。


目から溢れんばかりの涙がしたたり、全身が熱くなって感情に全身が支配されていくのだ。





誰も居ない部屋で、何度も何度も感謝の言葉を述べて、


時を忘れるほどに、泣いて、、、。


泣いて、、、。


そのまま青年は、幸せに包まれたまま、暗闇の中に落ちていった。




遡ること暗闇の中に落ちる数日前、


青年は送迎会の輪の中にいた。


送迎会の中心人物であるはずの青年を、心から見送ってあげる人は少なく。





部長も担当の上司も、同じ部所の先輩も、


形だけの送迎会をして、


終わったら、すぐにその場は解散になった。





賑わっているはずの、飲み屋が並ぶ通り道に、


ポツンと残された青年は、何事も無かったかのように、


静かに歩きはじめた。





向かう先は、会社の寮。




ドアを開けても、誰も迎えてくれる人はいない。


会社の都合で地方に飛ばされ、


気軽に悩みを打ち明けられる人も、ほとんどいなかったようだ。





その日は、そのままベットの中に入った。

呼吸の音だけが虚しく響く部屋、、。


ベットの中で丸くなる青年。


暖かくなったのは、ベットの中だけだった。






次の日、同じ会社の寮に住んでいる人から、飲みの誘いがあった。


他の部所の部長「Yさん」が気を利かして、これも最後の機会だから、


同じ寮に住んでいる人だけで、送迎をしようというものだった。





寮には、青年と、既に形だけの送別会をした、


同じ部所の先輩や上司もいた。




呼びかけたYさんの顔を立てるために、


また形だけという気持ちで参加していた人ばかりだった。




形だけだから、1次会を終えたらすぐに人は少なくなった。


2次会以降、残ったのは、青年とYさん。


そして、Yさんの元部下のSさんの、たった3人だけだった。




こんなもんだろう。


青年は何も期待していなかった。

期待することで、心の闇が濃くなっていくことは目に見えていたからだ。



一人の大人の無責任な言葉が、

受け取った人の人生を左右してしまう事もある。


一人の大人の何気ない行動が、

その人の生き方、方向性を左右してしまうこともある。



この後の出来事は、青年にとって一生忘れられない物になった。

青年の将来の在り方を決定づける物になったからだ。



これは無鉄砲で正義感の強い、

どこか影のある少し変わった青年の話し。

あなたはすでに気づいているかもしれないけど、



その青年とは僕のこと。

青年時代の僕の実話の物語だ。



続きは

【その2:ほたるの光とガラスのしゃぼん玉。】へ


著者のとび けんさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。