芸能人は歯が命。歯科衛生士時代に会った患者さんの話を赤裸々に話せないけど1部抜粋。

前話: 草彅剛くんご結婚おめでとうございます!中学3年からファンです!ショック受けるよりも嬉しくてめちゃくちゃ幸せを願っております!
次話: 中学時代、親友に誘われて吹奏楽部へ。フルート吹きたいけど吹けず、クラリネット入るとセカンドパート。2年目でファースト目指すもホルン(金管)に飛ばされホルンのファーストをして同担に睨まれる話

 患者さんの個人情報をペラペラ話したり、業務上得た患者さんのプライベートを漏らすことは絶対に許されません。

 いまの保険のコンサルタントの仕事もお客様のプライベートに関する話は絶対にStorys.jpで書けません。漏れたら、しかも漏らしたのが私だと確定したらクビです。


 なので、ここでは私がその勤務先の歯科医院か特定されないような形で、またホッコリするエピソードのみで、暴露系は私はいまの保険の仕事も歯科医院の仕事もしている限り、いや今後もしません。
  仕事柄と、私の性格上、漏らすことは絶対に有り得ません。

 真面目で責任感が強いのが私の取り柄です。命にかえても、墓場まで持っていく覚悟で生きています。約束したら死んでも守ります。
【侍スピリッツ】なので。性格が。

 3ヶ月だけ表参道の某芸能人が事務所で契約かわしている歯科医院があります。
  そこに 
 とあるお笑い芸人の奥様で、元有名アイドルユニットのセンターで、某人気アニメ「海賊王に俺はなる」のオープニングを歌った彼女が患者さんとして来ておりました。

 オープニングもたくさんありますし、アイドルユニットもたくさんあるので、多分特定されないと思いますが。

 めちゃくちゃ礼儀正しくて、気さくでフレンドリーでした。

 私は【ホワイトニング】のクリーニングを担当していました。

 そこは先輩歯科衛生士の勤務先で、私は派遣のようなところを経由して短期間だけ、手伝いました。

 話には聞いていたけど、芸能人がホントに多くくるので
  ただ、私の場合
【自分が大好きな人以外に緊張することはない】んですね。
 どんなにイケメンだろうと
 可愛いアイドルだろうと
 めちゃくちゃ凄い社長さんだろうと

 驚きません。私が驚くのは私がファンの推しさんのみです。

 なので他のスタッフに
【肝が据わってる】と言われていました。

どんなに端正な顔をしていても、めちゃくちゃ可愛いとしても、美しくても
【みていて目の保養】には、なるけど
  好きにならない、んだなと。
  私は本当に惚れないです。

 滅多に惚れない。そして
【惚れてしまうと振られるまでその人しか見えない】という。

 なので、私をウザいとおもったら
 【振るかブロック】してください。
 諦められます。最後に悪役になって、私の気持ちにトドメを刺してくれるひとは、優しい人だと私は思う。

 あとは新人時代に勤務した1ヶ月で無理だと思った歯科医院があります。
 受付の女の子が芸能界目指していて、ほとんど仕事覚えない、いるだけ。なのに院長がお給料を渡す。
 院長ももとインディーズバンドマン。
 そこに名前をだしてしまうと
(暴露系じゃないです)
 真矢みきさんと、元光GENJIの山本淳一さんが来ていました。(19年前の話です。新卒の頃なので)
  私、VIPルームにケーキとか紅茶とかのウェイトレスみたいなことをさせられてて、女医さんがめちゃくちゃヒステリックで、患者さんには優しい(お金をくれるから)スタッフに当たり散らすという。

  なんか、これは(お茶出し)歯科衛生士の仕事なんだろうか。いや私も仕事あまり出来てないけど、試用期間中だし、辞めて他にいこう。なんで歯医者なのにケーキだしたり、お茶出ししたり、してそこから歯磨きしてクリーニングするのか。
  今なら理解できるけど
この頃の私は若かった。

 と思ってそこはすぐ辞めてしまいました。
 ところが別の歯医者に勤務しても
誰かしら有名人が来るんですね。
  【芸能人は歯が命】ってキャッチコピーかとおもっていたけど、関東住みだと・・・いや狙ってないけど、行くとこ行くとこよく当たるなぁとは、思います。

 私が引力のように引き寄せてるのでしょうか。
  私が会ってきたSpoon配信者さんも、次々に有名人のように、Twitterでバズっていて、そんなこと、ある?のかな?なんか怖くなるんですけど。これ、実は全部私の妄想だったらどうしよう。現実?同人誌読んで眠ってるの?不思議の国のアリスみたいに。

と、この歳(39歳)までずっとこうなので、ここまでくると、もう自分が引き寄せてるとおもってしまいますね。

 純粋に願っていれば、会えてしまうのかもしれません。それがたとえ、有名人でも。著名人でも。私は望めば会えるのでは、と思っています。

続きのストーリーはこちら!

中学時代、親友に誘われて吹奏楽部へ。フルート吹きたいけど吹けず、クラリネット入るとセカンドパート。2年目でファースト目指すもホルン(金管)に飛ばされホルンのファーストをして同担に睨まれる話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。