歯科衛生士学校で大奥のような体験をして、同性は敵に回さない方がお利口。1人でいいから信頼できる同性の友人がいるといい話

前話: 中学時代、親友に誘われて吹奏楽部へ。フルート吹きたいけど吹けず、クラリネット入るとセカンドパート。2年目でファースト目指すもホルン(金管)に飛ばされホルンのファーストをして同担に睨まれる話
次話: 女性だけの職場のパワハラ、虐めは無くならない。対処として【泣き寝入りしない】と決めて黙って虐められ続けず【辞めて!嫌だ】それでも止まないなら命を守れ。

  男友達がたくさんいてもいい、同性の友達ゼロの女性は気をつけた方がいい。そんな歯科衛生士学校の友人の話です。

  なにかある。
 【タブーをする女】ということだ。

 同性が嫌う女とは時代に関係なく
【男ウケし、人の男をかっさらい、人のものを欲しがる】
  そういう人がいてもいいけど
【関わったら地獄】です。

歯科衛生士学校(関東)で、大奥のような体験をしました。女しかいないわけです。
 先生以外。

 実習で競い合い、歯学部生の取り合い、同じ異性好きになって、揉める友人たちを何度もみて、酷い時は友達の彼氏を寝とる友達までみてしまうと、私もさすがに恐怖心が芽生えて、怖くなりました。

 田舎の実家にいたとき、そんなこと経験したことが、ないからです。
 関東の恐ろしさ。というか。
 たまたま私の選んだ学校がそうだっただけかもしれませんが。






同性の友達が少ない女のひとと戦ってはいけません。なぜなら【敵わない】からです。
 もうね、そういう女性をみたら
【負けて、相手に勝ちを譲って全力で逃げてください】
勝てません。勝とうとしては、いけません。
  【魔性】ですから。

 本当に、美しく妖のように、容姿端麗なことが多く、声も魅力的で、頭も切れたりします。敵に回したらいけません。

 パイレーツオブカリビアンの人魚姫のようです。

 海賊を魅了し、誘惑し
 海に引きずり込み、溺れさせ、人肉を食べる人魚。

  美しい毒です。

 中毒性がある。

  彼女たちに関わるときは簡単です。友人をやめよう、抜けようとしたときに酷い思いをします。

  1番いいのは、【深入り】しないことです

美しさや
 異性への誘惑で勝てなくてもいいのです。

 【誠実で妖にすら打ち勝ち彼女だけ、奥さんだけの男も必ずいます】


 誘惑に弱い男は、遅かれ早かれ手放した方が幸せです。そういう男はいつか必ず浮気をして貴方を捨てます。

 そんな男なら早く別れた方がいい。

 【自分だけを好きになる希少な誰か】必ずいます。

 もう一度いいますよ?

 【同性の友達が少ない女は要注意】です。
逆も同じ。
【同性の友達が少ない男も要注意】です。理由は同じ。です。

ちなみに私は【同性の友達少ないだけでゼロじゃないです】書いておきながら私も危ない、ですね。私の場合真面目すぎるのと、陰キャすぎます。でも少人数でも友達は、おります。一応。念の為。

続きのストーリーはこちら!

女性だけの職場のパワハラ、虐めは無くならない。対処として【泣き寝入りしない】と決めて黙って虐められ続けず【辞めて!嫌だ】それでも止まないなら命を守れ。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。