夢を妨害する人とは居られない。自分の理解者、応援者といる決意。YESマンという意味じゃない。

前話: 忠犬ハチ公のように、祖父の付き人をし、15歳で祖父を転落死で失い、恋愛偏差値低いまま大人になると精神年齢15歳で止まってる話
次話: 何人たりとも魂を拘束することは出来ない。羨ましくとも人のものを奪うひとも、思想や魂までは奪えない話

  YESマンだけでは、進化がない。

カマチョだけでは、自立しない。
  【寂しいから一緒にいる】では、ダメだ。

お互いに【自立】して
そこで初めて【恋】だの【友情】だのが出来る。
【寂しいから誰かいて】レベルでは
【共依存】で抜けられなくなる。



個々に【1人でもいられる】上で

【夢を追う】
【恋愛をする】




 いまの私に必要なことは、
【信頼の絆で繋がれる仲間】だ。

 YESマンじゃなくて、リスクも言ってくれるひとだ。

 私に無いものを持っている
【君だ】


 私を支えてください。
 私の読者へ
必ず恩返しします。

続きのストーリーはこちら!

何人たりとも魂を拘束することは出来ない。羨ましくとも人のものを奪うひとも、思想や魂までは奪えない話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。