どちらか合わせている場合、合わせ続けたほうが先に無理が生じる話

前話: 魂の回帰。私に還りなさい。魂のルフラン。
次話: 落ち込むこともあるけれど、私は元気です。By魔女の宅急便

  関係性は【対等であるべき】



 友達でも恋人でも、家族でも。
  どちらかが片方を傷つけないように、していたり
 どちらかが片方に合わせすぎていると、
合わせたほうが、バタンキューになる瞬間がある。

 合わせてもらう方は【楽】だからね。

 いい気分にさせてもらって、ワガママ通して、もちろん、ワガママが通るのは相手が自分に惚れているからで、その【好意を利用している】そんなつもりは、ないかもしれないけど。


 相手が嫌がることはしていないのか。

 やめて、というのに、自分のしたいことを押し付けたり、やり通していないのか。

 相手は
自分に合わせてくれていて
無理していないのか

 なぜ理由を言わずに
自分から離れていくひとがいるのか。

 人と比べるな、と思う

 自分は、どう?
 人の振り見て我が振り直せ。

 相手に注意をしていることは、自分への注意だったりする。

  気が付かないといけないのは
自分自身、だったりする。

 気づいて目を覚ませるかどうかは
神のみぞ知る。

続きのストーリーはこちら!

落ち込むこともあるけれど、私は元気です。By魔女の宅急便

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。