何かを掴むために、なにかを手放す。

前話: 次世代配信者を繰り出す、Spoon。【企画 京都リレー】京都出身者で繋いだ声のリレー。
次話: 推し愛は恋愛じゃない。好きだからこそ人魚姫のように、泡になる。

  私は、今

何かを掴むために、なにかを手放そうとしている。
 譲れないものがある。
好きな文章。神推し、推し。Spoon。
家族、友人、子どもたち。

 子どもは手放してはいけない。
お腹を切って産んだ子だ。
  文章も手放せない。

 推しさんも神推しさんも
配信を聴きたいから手放せない。

なら、なにを、手放すのか。


 そしてなにを、掴もうとしているのか。

文学賞がすぐに取れるとは思っていない。決して。

 それでも【諦めない】取るまでやるしかない。掴むまでやるしか、ない。


続きのストーリーはこちら!

推し愛は恋愛じゃない。好きだからこそ人魚姫のように、泡になる。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。