Spoon SAYAとは。警備員した宝塚俳優のような中性的な声をした乙女ゲームのイケメンのように隙あらば口説きセリフの出るオモカテの話

前話: パンをふんだ娘。アンデルセン
次話: 縁があれば繋がる。

Spoon SAYA【🐧 ⚡】

Spoonにきたらペンギンと雷マークで検索するといい。

 彼女の職場の上司というタイトルのCASTを聴いたことがある。
 【ポジティブに捉えることは、出来ないのかな?】これ
文字にすると面白くも
なんともないんだけど。
 イントネーションが、独特で。
聴くとわかるんだけど、始終、部下への文句を、丁寧に、【おまえのそこ、おれは不満だよ?】という風に聴こえる。しかも悪意とかじゃなくて。志村けん、のコントのように

声色とイントネーションで
思わず笑ってしまうのだ。

 声はイケボ。滑舌もいい。

 聴いてみたら、とある事務所に入っていて、そこが厳しいから、表向きに公言してこなかったけど、【地方のドラマで主演】したこともある、俳優さんだという。

 インターネットでは、【嘘】もある。
その事実を、私は確認しようがないけど。
  彼女とは、ここ一年、同じ推しがいた。
【こうにい】さんだ。

 同じ推しを通して、一緒に応援したりDMしたりして、芸能人を応援するファンクラブの友達のように、仲良くなった。

 ふざけたことも、彼女は、いうし。
 言ってすぐに実行しないから、誤解も招いている。
  だけど、彼女は
【友達が辛い時すぐに駆けつけてくる】

私が情緒不安定なときも
 地震がおきて、動揺したときも

すぐにDM飛ばしてきて、無事か確認してくれる。それは、1度ではない。何度も。

 会ったことが、ない。
 私はこの人と会ったことが、ない、けど

 配信を聴いたり、聴きに来てもらったり、DMを文通のようにしたり、して

 昨日、私たちは【SpoonでコラボレーションしてCASTという収録した音源】を残した。

 友達として、共同作業、をした。

その収録の過程で、通話をした。

 友達に、逢えたように、嬉しかった。

 彼女の枠は、アクティブが少ない。けどSpoonの初期からいて、古参、とも呼べる。
 少ないアクティブでも、リスナーを大切にしていて、神推しや最推し【こうにいは神推しじゃなく最推しで2番手だけど】

  こうにいさんを、憧れていて、いつか追いつきたい、と彼女は公言してるし、Spoonのお知らせ欄に書いてある。

  芸能活動をしていて
地方のドラマ主演も、誰でもできることではない。私も、最初はSpoonで、文章で賞をとっていることも、ここ、Storysも伏せていた。
 【声だけで勝負】したくて。

 結局、私は声だけでバズれず、文章に頼り出してるけど。

 私たちの声も、届くといい。

そして神推し、最推し、推しをナンバーワンにしよう。
検索 【Spoon  SAYA】

続きのストーリーはこちら!

縁があれば繋がる。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。