破いた名刺。(短編小説)

前話: 桃梅桜李〜それぞれの良さ〜
次話: 遠距離恋愛は信頼関係の強さ。会えないと恋愛維持が難しい話

  「郵便局好き?」

「郵便局好き。私、小説書いてて、よく投函しにいくし、手紙も書くから」

 彼は、笑顔がくしゃくしゃになる。
友達が開いてくれた飲み会で、席がたまたま隣になった。
  背は私より少し高い程度。私が155cmなので170cmあるかな?どうかなってところ。

 筋肉質、なのか、スーツの二の腕がキツそう。だけど、太った感じがなくて、引き締まっていて、Mr.Childrenの櫻井さんに少し似ていた。

 「可愛いね、かなみ、ちゃん?」

「かなみ、でいいよ」

返事をしながら、笑顔に胸が締め付けられる。優しいし、一緒にいるとふんわりした空気が纏っていく。

 「好き、なんだよね?」
ドキッとした。え?

 「郵便局、が。」
紛らわしい・・・告白のような言い方をして私の反応を試す。

 「今度、一緒にご飯、食べに行こうよ」

「え、わたしと?」

「そう。なんか、俺、かなみちゃん気に入っちゃったな。その、なんか、照れているところと、男慣れしてないとこ」

男慣れ、とは?
「こいつさ、気をつけて。かなみちゃん、奥さんいるよ」
一瞬で、目が覚める、というか。
 ふわふわした気持ちが、ストンと落ちた。

「え?!既婚者?」
「あー。でもね?聞いて。俺さ、奥さんとの間に子ども出来ないのよ。奥さん子ども要らないっていうのよ。だからさ、かなみちゃん、俺と」

既婚者に恋してもいいかどうかは 個人の自由があるけど

「酷い!」と怒ると
「怒らないでよ、俺、かなみちゃん、大好きになったからさ」

 奥さんの前で同じこと言えるのか?!

 「あー、こいつほんとに奥さんと冷戦だから、それは本当らしいけど、まあ、既婚者だからな。別れてから出直せよ」
と同僚にも言われる始末。

 もらった名刺は、ビリビリに破って捨てる。

「かなみちゃん!俺、奥さんと別れてからくる」
 ・・・

その後、本当に離婚しそうになっていたので、もちろん止めた。ごめん、責任取れないし、私、また恋愛頑張ります。

続きのストーリーはこちら!

遠距離恋愛は信頼関係の強さ。会えないと恋愛維持が難しい話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。