本気で来たら本気で返す。やられたことに悪意があればオウム返しで文章で私に書かれる話(誠実な人にはしません)

前話: 神推しや推しの良さを貴方へ。
次話: ゆんちゃろ、とは。古参でありつつ顔が広くコツコツ努力しているのにそれが反映しにくい。ブチ切れキャラと朗読キャラを交互に配信をするかもしれない話

 私は私に【誠実で返す】ひとたちには

【誠実に対応】する。

 つまり【悪意】でこられたら、オウム返しでやり返すのではなくて、【私にオウム返しで文章で書かれる】と思った方がいい。
   ただ、私は自分の感情だけで、悪意をぶつけない。
  【言われた、書かれた事実をそっくりそのまま、お返しする】だけです。

 そうすると【自覚】します。

 言ったり書いてるときは、わからないけど自分が言われて、感じることがあるはず。

 なにも感じないなら、それはもはや【無神経】さんということで
 【そっくり同じ言葉で返ってきたら】相手は言われるのちょっと辛いことだから、気をつけて欲しいなってことだよ。

あなたは言っても平気なのだろうけど。

 【自分が言われたらどう?】という意味を込めてそのままお返ししてる。
  そこに意地悪は、ない。

 切り捨ててすむ人間関係なら、むしろ注意をしないで、絡みを減らしていけばいい。

 注意をしたり、自分の嫌なことを相手に伝えるのは【今後も仲良くしていこうよ】という意味もある。


 そうして永い付き合いに、なると私は思っている。


 だから過去に
22歳の私に
18歳の高校三年生の男の子が
【僕の🅿ーーー】貰ってください!!と真顔で言ってきたときに
 からかって、遊ぶこともできたけど 
年齢と本当に本気で私を好きなようだから、私も真剣に誠実に断ったわけです。

 【自分を大切にしなさい!私は貴方が思うほど良いもんじゃないから。自分を大切にしなさい!】って。

 子供の様に泣きじゃくって、しまって
 ずっと泣き止むまで、横にいた。
  その時の私には彼氏がいたし、友達が連れてきた後輩くんを蔑ろにするわけにもいかないし、何度も説明をして

 納得させた。

 姉のように接してきたつもりでも、相手が【異性】としてみていることもあるから【男女の関係】というのは、お互いの
【理性】を保つことがめちゃくちゃ重要です。

 半年後に、彼は彼女をつくって、笑顔で私に連絡をしてくれる。

 もちろん、そのままフェードアウトも覚悟したけど。

 その報告で
【彼女を大切にするから、もう会わない】と。

 言われてしまうけど。

 それも、仕方ない。どうにも、ならない。

 いつか、私が作家にでもなって
顔だしでもしたら気づいてくれるのかもしれない。

 でももう、私から接触することは、もう出来ないのだろう。  

 私は、笑顔で
【いつか、私が有名人になったら本を買ってよね?!応援してね】

 【もちろん!ありがとう】

私は振って、罵倒もされたりもしてきている。
【おまえなんか末代まで呪われろ】と言われたこともあるし
  彼女もち、奥さん持ちの人から口説かれ、彼女さんや奥さんから電話がかかってきて【うちの人口説かないで!】っていわれたこともあるけど、逆だよ。逆!!

 私、何もしてないの。
 むしろ、振ってる!!

誠実に断ってるの!!

 いつか、私が本をだしたとき
 気づいてくれるのだろうか。
 私のペンネーム覚えているだろうか。

私の文章、私の顔を覚えているだろうか。

 私は一人しかいないの。
だからその時付き合っている彼氏や旦那以外と付き合えないの。

 不器用だし、彼氏や旦那しか見えなくなりがち。

 【好きな人しか見えなくなりがち】

 私を好きになってくれてありがとうって思っている。

 私の文章を好きになってくれてありがとうって。

 【私の文章】を【本】にして量産したら私を好きな人に、【私の愛という名の文章を贈れる】よ。

 死ぬまで書いてる。
死ぬまで届ける。

続きのストーリーはこちら!

ゆんちゃろ、とは。古参でありつつ顔が広くコツコツ努力しているのにそれが反映しにくい。ブチ切れキャラと朗読キャラを交互に配信をするかもしれない話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。