月が眠る夜〜異質な愛〜(スピンオフ小説)

前話: 警察署は最後の砦。夫婦喧嘩、怒鳴り声でも駆けつけ、仲裁する警察官たち。
次話: (小説)月が眠る夜〜ツイートリレーで繋ぐSTORY最終章〜

 毎日、返信になりそうになって、ふと、

ライトノベル作家で桜田由莉(さくらだゆり)は、スマートフォンを弄る手を止める。

 読者とTwitterやInstagramでコミュニケーションとるのは、楽しいけど、個人間の異性へのDMやメールを毎日してしまうと、誤解を招きやすい。

 恋人、ではない。疑似恋愛の要素でお互いわかっていてやるならいいけど、片方が本気でやりとりしていたら、温度差もあるし、振る時恨みを買いかねない。

 見極め、よね。

 幼少期から勉強しなくても学年トップ。優秀な女の子だったがゆえに、彼氏が出来たことがない。もうすぐ20歳。成人するというのに、恋愛を漫画やドラマでしか知らないのは、危険だと思う。


 『恋愛偏差値低い』というのは、純粋であると同時に【騙されやすい】というデメリットがある。

 【貴方は私の妻です】
というメールが届く。

 いいえ、妻ではありません。

 【この間デート楽しかったね!】

いいえ、デートしていません。

妄想なのか、冗談なのかわからないメッセージをみて、由莉は対応に困る。

 既読スルー、して返さなければそのうち飽きるかな。

 ところが毎日、毎日メッセージが届く。

一方通行のファンレターでは。ある。返信していないのに。

 最初、分からない相手からの好意に、恐怖を感じた。

 嬉しい反面、インターネットには【嘘が溢れている】

 そのうち、飽きるだろう。ファンレターの一環だとおもって放置、してみると

【愛の告白が、日に日にレベルアップしていく】

・・・。


 まずい。非常にまずい。なぜ何もしていないのに、メッセージが来るのか、という点。


  原因は、多分、プロフィールの写真。
【顔を晒してから】だ。

いまは、インターネットやYouTube、配信アプリからも人気芸能人が生まれる時代。

由莉は、細くて白い指で、右の耳に語る髪の毛を耳にかけると、
 「既視感があるなぁ。なんだろ、これ」

そう、既視感あるのは、当たり前。


女子高生のときに、も、合ったのだ。部活も同じ、遊びにいくこともある、高校の同級生に、SNSを荒らされた過去。そしてそれは、【同性】だった。


 妬み、は、怖い。



 【敵は敵のような顔をしていない】
ということだ。
 これだけ、念頭においた上で
どうするのか。

 月が寝ているように。静かな夜。

 まるで嵐の前の静けさ。

 か。【ネットストーカー】か。
と思った。あのときも。
【同性】だけど。
【同性のネットストーカー】の恐怖。

まだ【満月】になるまで時間がある。
話を聞きたい?
そう、あれは、友達の結婚式に参列を決めた時から、運命の歯車が、回り出したのだ。

  続く➣➣➣➣

続きのストーリーはこちら!

(小説)月が眠る夜〜ツイートリレーで繋ぐSTORY最終章〜

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。