役に立ちたい。私の文章が貴方の役にたちますように。

前話: 仕事は、人間関係の好き嫌いをなるべく我慢。プライベートは苦手な人は徹底して関わらない。
次話: 人生の背景画。アダルトチルドレン。毒親に囚われて。

 友達ができたとき

【ことねちゃん面白い!一緒にいると楽しい】いつもそう、いわれた。


 面白くなかったら?
文章書けなかったら、私は価値がないのかもしれない。

 役に立てないと

おもったら私はいつも自分から
身を引いてきた。

惨めだから。

 大好きな友達や彼氏の
【足でまとい】になるなら

居ない方がいいって。

  大好きな友達から離れる。距離をとる。  

過去の推しにもそれをしてきた。
  離れることで
【相手を傷つけていた】こともある。



 私は結局、自分が傷つくのが嫌だっただけなのかもしれない。


 逃げて向き合わずに。

 でも

 踏みとどまる。

 惨めだとしても
生き恥になっていたときても
 【一時】だよ


 大好きな人とずっと一緒にいるためには

 踏みとどまることも、必要。

  一時の感情に流されない。


 貴方の役に立つ文章を。
提供していきます。

 役に、たってるかな?

 おまえは、役立たずだ、と。
 怒りに任せて言い放った父親。

きっと、怒りで言ってしまっただけだけど

 ずっと心の奥底に
根付く。

 【ありのまま無償で愛する両親】に恵まれなくても
シン・エヴァンゲリオンの映画のラストのように。


 救いが私にありますように。

続きのストーリーはこちら!

人生の背景画。アダルトチルドレン。毒親に囚われて。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。