生命保険くらい、ベンツ級を。ヴィトンのスーツケースくらいのものを買うのは大変。でも生命保険をお守り代わりに良い保険にはいる大切なこと

前話: 一代で財を成して事故死した小学校卒の祖父から学んだこと。~祖父からの遺産~
次話: 自立した大人の女性。1人でも食べていけるようになる。

【健康診断でひっかかって再検査なんだ】という友人や知人。






【今のうちに生命保険にはいろうかと思って】

・・・待て。待たれよ。

 審査パスの善し悪し厳しさは生命保険会社ごと違うので

だけどね【健康診断で再検査】になって再検査してなんともない、ってなりました!と来るならわかるけど


【再検査】になったり、【既往歴】がつくと

【安い保険料金であれもこれもつけて、いい保証の保険にすること】が出来なくなる。

生命保険会社と総合病院のデータは繋がっているから、【嘘】ついて健康診断で引っかかったことを隠して生命保険の紙の上で。


 告知で【嘘】をついても
 いつかは【嘘はバレます】

【保険料】だけ払っている時健康な時その【生命保険】のありがたさは、分からない。



 いつ、死ぬかわからない。

コロナで?地震で?

お守りで持つといい

お金に愛情を込めることは、出来るよ



続きのストーリーはこちら!

自立した大人の女性。1人でも食べていけるようになる。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。