仕事での苦手分野の克服。女性集団の輪に入ること。

前話: 自立した大人の女性。1人でも食べていけるようになる。
次話: PTAのやり方。共働き世代も参加しやすいPTAを考える。

 ママ友でもあり、仕事の上司にもなるリーダーに、厳しく、でも、愛のある言葉をいただき、解散したあと


 ・・・やはり泣いた。
リーダーの前で泣くのは恥ずかしくて泣けなかったけど、泣いた。悲しいのもある、悔しいのもある、だけど嬉しいのもある。

 私は女性集団から【ハブ】られることが多かった。【先輩に対しての言葉遣い】あと【馬鹿にしてるの】という
(※先輩を面白いという書き込みが失礼に当たる、馬鹿にしているという注意がリーダーへ。そして私へ注意が。面白いといわれて喜ぶのはオモカテ女子か、変人か女芸人だと知る。私は嬉しいけど普通の女性は馬鹿にされたと感じるのか)
  書き手としてあるまじき、だけど
【グループLINEの立ち位置】
そして【女性の集団、先輩への言葉遣いや態度】は、気をつけないといけない。




ただ、私の努力や真面目さも伝わってるのも聞いた。コツコツ、コツコツ毎日やっている成果のでない【努力】を。

 みんな見てくれていて

【一緒にずっとやっていきたい、だからこそ注意する】んだと。
厳しくもなるんだと。

 逃げるなって。

【人間関係】から。逃げたく、なる。

 小学六年生の私は、虐めにあって、自殺未遂をしたことが、ある。
 死んだら楽になる。外で倉庫の(実家自営業で倉庫がある)格子窓に
ロープを括り付けたそのときに
  




光が、刺した。月明かりが、照らしたのをみて、見上げたら
見事な【満月】だった。


 太陽に、なれない。
目立つことが苦手。輪に入ることも苦手。
LINEのコメントや配信中のコメントも失礼なことを言っていないかな。

 仲良くしてても
 【賞】をとった次の日に
みんな背を向けて、ひとりぼっちになる。
銀魂の掟は破るためにある、の
【伊藤鴨太郎】のラストをみたとき。




 私、は、自分が欲しかったのは
【賞】じゃないのかもしれない、と

思ったことがある。



 【仲間が欲しかった】んだなって。





 逃げたくなる、けど。いまだに。
踏みとどまる。
ここで。Storysで。Spoonで。
職場でも。

 【結果が出るまで】に
【苦手分野を克服】出来たらいいよね。
私の文章を気に入ってくれたら
お願い。私を貴方の【仲間に入れて】ください。お願いします。

続きのストーリーはこちら!

PTAのやり方。共働き世代も参加しやすいPTAを考える。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。