ママ要らない。〇〇先生がいい!

前話: マッチ売りの少女ならぬ、アンケート書いて美魔女。
次話: 心を保つために開き直る。

 ついに3歳児次男が

【ママより〇〇先生がいい!】と帰り際道路で大泣きし、あやすのは去年の担任。私が他人みたいな泣き叫び方。





 ごめん。
私は長男に対しても、次男に対しても

仕事が遅くなった時、もっともっと抱きしめる。
  休みが出来たら子どもと過ごす。
  寂しいって言わない。


 我慢してたね。

 わかるよ、私もそうだった。そうだよ、私もそうだよ。我慢して良い子にして、大好きな人の迷惑にならないように、大好きな親やおばあちゃん、大好きな友達が困ることは言えない。

 頼めない。アマエラレナイ。

 言えない。

  ・・・言えない。

 言えなかった・・・

 【親に迷惑かけるな!家名に泥を塗るな!恥を知れ】と

 ことあるごとに言われ続けたら
家名って?

  いつの時代なんだよ・・・

 なにかあるたびに
ゼーレの会議のようなことを親戚集めてやるなよ。

  子どもを脅すな。

  良い子にしてたよ

【役にたてたかな?】いつもそう思ってしまう。
 役に立ちたい誰かの。それはその人のためというより
私の心を救うため。

  ほら、私は役にたてたって  

思いたい。
親からの呪いを破りたい。


 【ママ、傷つくよ!ママのことも好きでしょ?!ママが居なくたなっても平気なの?!】と

 泣き叫ぶ3歳に怒鳴ってしまう。

 【マァマ、いる。好き・・・ママ、はやく迎えにきて・・・】


 うん。
 働かないとお金がない。
 子どもと一緒に過ごしたい。

 親とは。
  しんどい。けど辞められない。もちろん辞めない。
 一緒に居よう。

 大好きだよ

続きのストーリーはこちら!

心を保つために開き直る。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。