死んでも彼らに痛みは届かない。アンナチュラル名台詞。旭川14歳自殺した彼女へ。そしてゴキブリのようにいなくならない加害者たちへ。

前話: HoNNe.Project 〜今、聴かれるべき声を〜
次話: 名作はオマージュが多い

 虐めという胸糞わるいことをする、ゴキブリのような、【思いやりや心を持たないもはや、人間ではない人たちへ】


 サイコパスなのだ。
  言っても無駄。

 その人たちには【心】がない。なぜだかない。生まれ持ってのサイコパスか、育つ環境下でサイコパス気味になったのか。そんなことは、どうだっていい。

 【自殺に追い込んだ】のだから

たとえそれに実感がないのだとしても。

 責任が、ある。

 反省して変われるならいいけど、インタビュー記事を読む限り、反省の色はないから、無理だろう。

 そんな加害者に未来があるか?と。

 そして自殺したこがいるのに
加害者を庇ってもみ消した学校。
 人の心を持たないひとたち、なのでしょう。

 便利になればなるほど、かいくぐった犯罪が起きる。

 インターネットから
某掲示板から

 見えない敵
【エネミー】が。

 それは隣で笑って仲良くしている友達かも?恋人かも?人間不信になる。

 誰か、貴方には信頼出来るひとが1人でもいるの?

 加害者さん。

 顔はめちゃくちゃ可愛いようだけども。

 中身がクズじゃ、話にならないでしょうが。

 中身と外見を整えなよ。

 死んだ女の子は、そんなに嫌いだったの?きっと
 自分に無いなにかを彼女は、もっていて
  何となく気に入らなかったとかなんだろうね。

 どうか、自殺した女の子の魂に、救いがあるように。

 加害者に因果応報と、天罰がくだりますように。

 自分のしたことは、自分に還る。

続きのストーリーはこちら!

名作はオマージュが多い

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。