必要性。

前話: 感情を文章に乗せて。
次話: 2021年10月までにFP3級を合格する。

  私は、必要ないな、と思うと身を引く。


 必要とされている限りは、そこにいるけど、この人はもう大丈夫、独り立ちしているし、私は時々授業参観のように見守りにいけばいい。


 と思うタイプ。


 私は【根が素直】なので
いまハマっていて聴きたいと思えばそこへ一途に通う。

 そしてパタッとやめるのは

 飽きたからではなく

 私が居なくても大丈夫、と安心したからだ。

 お母さんのようになってしまう。

 それで元彼たちをダメンズにしてきたのも、私。


 彼女じゃなくて、お母さんになったらおしまいだ。

  私は【対等な関係】じゃないと
友達にも恋人にも家族にもなれない。

 主従関係のような人間関係、続いたことがない。


 お互い思いやりもって、相手の事情や気持ちを尊重しあってないと

 片方が我慢したり、無理しているものは

どこかで破綻するし、決壊する。

 大雨であふれたダムのように。


 それでも私は
時間があいても私を待っててくれる人がいるならそこへ、帰ります。

 喧嘩しても
傷つくことがあるとしても
 好き、なら、そこへ。


帰るんだと思う。

 私もそんな
リスナーや読者が帰ってきてくれる
居場所を作れる書き手であり、配信者になる。

続きのストーリーはこちら!

2021年10月までにFP3級を合格する。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。