ご両親へ手紙を書く・・迷惑なのは100も承知 story6

前話: GWが憎い・・休みなんていらないstory5
次話: 再び私を襲う・・孤独story7

5月4日

毎日心臓が激しく鳴っている

あの日からずっと変わらない

いつか正常な鼓動に戻るのだろうか・・

mが選んでくれたガジュマルがいる

毎日新芽が増えている、そんな時期なんだ

木の部分が大きな男性が小さな女性をギュッと抱きしめているようなそんな木

「俺とお前の木」って選んでくれた

春だから新芽が沢山出始めたねってついこの間mと話していた木

私の部屋にあり全てが共に生きてきたモノ達・・

全てに意味があり2人でこの部屋が完成した

そんな2人のモノ達に囲まれて息をしていかなければいけないのは本当に残酷すぎる

 

mのご両親に手紙を書きたい

迷惑な事だと思う・・きっと

色々な思いを伝えたくて・・

今日から下書きを始めることにした・・

続きのストーリーはこちら!

再び私を襲う・・孤独story7

著者のRie Akiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。