精神状態と流星群。

前話: YouTubeで損保ジャパンの講義を受ける。
次話: TwitterのスペースでFPの講義も聴けてしまう。

 子どもを私が毎日送迎。

上の子は小学校2年生なのに。

 仕事は、暗黙の了解のノルマ2件があり、とれないと最低月給。
  それは、仕方ない。これは、私が選んだ人生。自分が決めたことだから。

 それでも精神的に追い詰められているのか、試験の日に朝から激痛。

 冷や汗。
  市販薬が、効かない。


 ・・・行かないと。
私、約束がある。また破ると思われたくない。

  どうしても、叶えたいことがある。
どうしても、伝えたいことがある。

 たとえ、結果、ダメでも。

 やるって決めたことが、あるの。

 試験もそう。
  小説もそう。

会いたいひともそう。

 待ってて、くれる、かな。

 私はいつも、星空の下で独りで
流星群を眺めている。
  彗星が、流れていくのを、みている。

  いいな。みんな、夢が叶っていく。

 あの星に混ざりたい。

  【ついてきて】って
声が聴こえるんだ。
  星から聴こえるんだ。

  きっと、あそこには
私の推しさんや友達が、いるんだと
思うから。
   体調が良くなったら逢いにいきます。   

 再会、したい。
縁のある、人達へ。

続きのストーリーはこちら!

TwitterのスペースでFPの講義も聴けてしまう。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。