仲直りしたリスナー。

前話: TwitterのスペースでFPの講義も聴けてしまう。
次話: ツイン。ソウルメイト。

  私が最初に切り捨て、向こうにブロックされて

  2度と連絡が取れなくなったリスナーがいました。

  私の絡み方がよくなくて。

DMの使い方を間違えたらいけないと認識しました。

  【配信者】と【リスナー】は
恋人じゃないから一線があります。
   
  だけど

  相手が変わろうとしたり、治そうとしているなら私はブロックしません。

  【謝罪】を送りたいかもしれない。

  しつこくしつこく生命の危機を感じるならブロックすると思います。

  私はやり直せるチャンスも必要だとおもう。

  リスナーに。

  私も推しの前ではリスナーです。

  これ以上、踏み込めば【ブロック】されると思えば引きます。


 私は配信者です。
私は書き手です。
そして【神推し・推し】の前では
ただの【リスナー】です。

 私も神推し・推しにブロックされないように、嫌われないように
 ルール違反をしないように、気をつけます。

 聴きたい、その一心で私は推しています。それ以上でも以下でもない。

続きのストーリーはこちら!

ツイン。ソウルメイト。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。