雨に濡れて透けるブラウス。気づいたのは駅のトイレ。

前話: ママ友のクチコミ、拡散力の凄さ。布教したいならママと子どもの心を掴むと勝てる話
次話: 落ち込んだらふしぎの海のナディアのブルーウォーターを歌う

 外回り、先輩とペアじゃないときは、1人で投函に出るのですが



 電車とバスと徒歩を駆使して。
交通事故を起こしたのは自分なので、車があるけど、乗るなといわれており
 自業自得なのですが
  雨の日の外回り、チラシ投函、ティッシュ投函ってもう修行なんだよ。ルパン三世の五ェ門になりきってやらないとしんどい。


 それで折りたたみ傘で、軽量タイプしか持ち歩かないもので、小さくて、歩くと傘関係なく、というか雨がさ小雨でも斜めに降ってるともう濡れるんだよ。


 で。

 道行く男性がチラチラみるから、案外私もまだいけるのかな、とか調子乗りそうなこと考えそうになったら、駅のトイレはいって、

 ブラウス!!!!!!





 ってなったよね。

透けてるのよ。ジャケット着ているから全部見えてるわけじゃないんだけど

 斜めに小雨のときの外回りは、女性の皆様、お気をつけください。


 透けないブラウスとかないもんね。


 透けてみえてもいいように
水着レベルの可愛い下着をつけるしかないかもしれない。(⬅もはや違う努力)

  風邪を引かないようにしたい。


 涙ぐましい努力をしても、成果になるかどうかは、種を撒かないとわからない。

 とにかく分母を撒かないと、芽も出ない。

 信じて撒き続ける。

 花が、咲くと、信じてる。
信じきる。


 

続きのストーリーはこちら!

落ち込んだらふしぎの海のナディアのブルーウォーターを歌う

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。