敵はヴォルデモートと思え。ハリーポッターに学べ

前話: プライベートで付き合う人は完全に選出。仕事は逆で自分の好き嫌いで人付き合いしない。
次話: 恋愛小説は苦手。着飾る恋には理由があって。

  世の中には、自分が気に入らないだけで

 相手を叩き潰そうとする人が必ず一定数現れる。

 ゴキブリと同じで
なかなか死滅も絶滅もしない。

 だからどうやって付き合うか。
  【アウトオブ眼中】!!だよ

 私にはわからないのだけど、世の中には
他人を蹴落としたり、足を引っ張ることに全力投球するひとがいる。

 【妨害】するのに命かけて
【ヴォルデモート】かよ。

  しかも【疑心暗鬼になるような罠をしかけてくる】から気をつけて。

 【信じるのは仲間だよ】

だってそうでしょ?あいつもこいつも信用できない、あいつかも?いやまてよ
あのこと知ってるのは・・・当てはまるのは・・・消去法で。

 はぁ?!

 自分以外みんな怪しくなるでしょーが。そうやって【孤立】したらしめた!って殺られるから孤立するんじゃない!仲間を信じきるんだよ。

 話すこと、伝えること、ツイートすることを【誰に聞かれても困らないもののみ】にしてご覧?

 配信もね【誰に聞かれても困らないもの】にしてごらん?

 やましいことしないでみてごらんよ

 恨まれるような心当たり、私、ないんだよねってなるといいよ


 【無敵】だよ

 堂々としてればいいんだもん

 闇に呑まれる子は、【自分を信じきれない】

自分を信じて
自分を信じてくれる仲間を友達を
リスナーを信じればいいんだよ

 ヴォルデモートって自分の仲間ですら利用したあげくに、信用してないから切り捨てたり身代わりにしてたよね


最後に勝つのは
自分を信じ抜く気持ち、一択。

続きのストーリーはこちら!

恋愛小説は苦手。着飾る恋には理由があって。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。