月が眠る夜 最終章〜2〜

前話: (小説)月が眠る夜〜ツイートリレーで繋ぐSTORY最終章〜
次話: 月が眠る夜〜3〜

  パソコンの画面を開くと通知が溜まっていた。



 メール?

【由莉、ごめんね、聞いたわ。本当にごめんね。私貴方から奪うつもりはなくて。私が別れるから本当にごめんね】



 血の気が引いた・・・

 なに、言ってるの、あの話を全て聞いたあとで何事もなくまた彼氏と付き合えるほど、私も馬鹿じゃない。

 つぎのメールを開くと

【今日は配信者の⚫⚫ちゃんとリア凸したんだね。いいな、私といつお茶してくれるのかな?】


  待って。

 何件来ているの、このメール・・・1200件全部菫先輩・・・?!


 スマホをみると、着信が80件。

 は、はちじゅう??


 着信は、全部菫先輩からだった。

 ・・・は?


 【驚いてる?】


 デスクトップが光ると

文字が、打ち出されていく


 【あなた、ずっと私に監視されていたのよ】


 【可愛い可愛い由莉♡私が小さい時に大切にしていた人形にとても似ているわ】


  【貴方の意思は関係ないの】


 【貴方は私の人形よ】





 ゾッとした。異常。

 高校時代のときは、感じなかった生命の危機のような、恐怖を、いま彼女から感じる。

  私は彼女から貰ったもの全て集めて、宝箱から人形から調べると

【盗聴器・・・】



 パソコンに映し出されていく、私の日々の姿の隠し撮りの写真。

 
は・・・

彼氏とキスしたり・・・ちょ、ちょっと
  全部なの

 『菫!やめて!』


 パソコンの画面から文字がカタカタと打ち出される音だけが響く。

 【やめて?私がやめて欲しかったよ。私も文芸部のころから小説家になりたい。でもなれなくて、編集部に就職したそう話しているのに、由莉は覚えてないから】

  【無邪気に自分が小説家になった話をしていく。私がずっと好きだった男から想われて付き合ってるのに、大して好きじゃないとか心ここにあらずで付き合ってることを、私に無神経に話す!!ねぇ?それってどうなのかなぁ?】




『やめて!ご、ごめん、本当にごめんね。私・・・』


そう、私、自分のことしか見えてなかったんだ・・・菫を自分の話を聴いてくれる優しい人とか勘違いしてた。

  自分の【優越感】のために。

聴かせるためだけに、菫の気持ちを考えたことが、あった、かな?私は。


 【今更遅い。全部壊してやる】

低く唸るような声で。

 菫の声がした。

 振り返ると、そこに、菫が・・・

次話3へ

続きのストーリーはこちら!

月が眠る夜〜3〜

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。