月が眠る夜〜3〜

前話: 月が眠る夜 最終章〜2〜
次話: 当事者間の問題に第三者が口出すややこしくなる話

  菫・・・



『死んでよ』


菫の手に、ロープが握られている。

 包丁じゃないことに感謝しないといけない。

 『菫、私を・・・殺すの・・・』




 ドサッと

菫が、倒れた・・・

 海斗(カイト)・・・

菫と付き合ってる海斗が、元彼が、菫を後ろからマガジンの雑誌でなぐり、気絶させた。

 『な、なにしてるの・・・海斗・・・』


 「え?あ、いや、由莉大丈夫?」

 『大丈夫、だけど、菫が大丈夫じゃないでしょ』

 「助けにきた、由莉」

『え?』

 「あ、だからさ、菫と付き合ってるっていうのが嘘。だいぶ前から盗聴器に俺が気づいてて、ストーカーがいるから男だと思って調べてたんだけど」


 『・・・は??』
ごめん、頭がついていかない。
海斗は、菫の異常に気づいてて、それで乗っかって菫を捕まえようとしたってこと?なんで?

 「浮気してんのかなって心ここにあらずだから。違うんだな、お前は。本当に小説のことだけで、男は俺だけだったんだな」

 あ、ああ・・・そこ?

 そうだね、私は男は彼氏だけだね。
 夢中になる【小説】があるからなかなか彼氏も出来なくて

  「・・・」

 後ろから抱きしめられて、海斗の声が耳元から聴こえる。

 「あー、ごめん、試して。めちゃくちゃ不安で、他に男いるのかとか、俺のこと身体だけなのかなとか

『身体だけ?!それふつー女が思うことでしょ』

 「あ、そっか、ごめん」

『ハッキリ好きだと言われず付き合ってるからね。私は好きだって言ってるけど』

 顔が見えない、けど。そして私の顔も見えないけど。

 いま、私は耳元まで顔が紅い。

「好きだ・・・菫と付き合ってる話をして視界から消えてっていわれたとき、気持ちを試したこと後悔した・・・」


 『ばか』

 「ばかだよ。お前、可愛いからな、言動とか行動とか。美人だしな」

 『ありがと・・・』
照れながら


何言ってるんだ、私たちは。

さて、菫は、とりあえず警察に突き出すか。パソコンの証拠を抑えて、これを出すのもちょっと・・・とりあえず提出するものを選びたい感じ。

 だめか、全部提出だろうけど。


『菫、ごめんね。無神経だった。私が。気をつけ、る。そして、あなた』




 【犯罪者になってるよ?】


End

続きのストーリーはこちら!

当事者間の問題に第三者が口出すややこしくなる話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。