#5【不登校が僕の人生を変えた話】~転校、そして新たな挑戦~

1 / 2 ページ

前話: #4【不登校が僕の人生を変えた話】~勝負の3ヶ月。偏差値30からの大逆転。~
次話: #最終回【不登校が僕の人生を変えた話】~7か月で慶應に現役合格する方法~

「随処に主となれば立つ処皆真なり」



父は、編入試験に挑む僕に初めてこの言葉をかけました。


「今。ここ」に全力投球する。

主体性を持ってやれば、どこであれ、

あなたのいるところに必ず真理がほほえむ。


僕が主体性をもって全力投球したのは、この編入試験に向けての勉強が初めてです。

まさに人生のターニングポイントです。


偏差値30の不登校生が三ヶ月、全力であがきました。

自分を変えるため、人生を変えるため。


毎日約10時間勉強をしました。

おそらく三日で、中学三年間の勉強時間を超えたでしょう。


SNSを開くと制服を着て高校生活を謳歌している友達がいます。

バスケットボールで一年生から試合に出て活躍する友人もいます。


そんな写真を平日の昼間、サラリーマンに囲まれた定食屋で見るのです。


しかしもう後戻りできません。戻りたくもありません。

自分で選んだ道。

僕が人生で初めて主体性をもって決めた道。


僕を馬鹿にしてきた彼らを見返すため、

僕を応援してくれた中学の監督、友人のため

僕を支えてくれた家族のため


入学してからの8か月、

本当に長く感じました。


そして、僕はそんな八か月間を乗り越えて、

試験会場から合否掲示板に向かっています。


掲示板には大きな白い紙。


そこには、僕の受験番号がありました。


僕の受験番号だけが記載されていました。


両親にその場で急いで電話をしました。


両親は走って高校のロビーにやってきて僕を抱きしめました。

あんまり覚えていませんが、たぶんは母泣いていたと思います。

いや、絶対泣いていたかな。


パラレルワールドって存在するのでしょうか?

不登校になった時に一番思ったことは、

「中学時代に戻りたい」ということでした。


#1に書きましたが、僕は中高一貫の私立中学にいました。

本来ならば、付属の高校の進学にするのが普通なのです。しかも大学も付属なので、大学受験もする必要がありません。

その道が本来あるにも関わらず、それを捨ててスポーツ推薦で入学しました。


『中高一貫の高校へそのまま進学するべきだった。』

何百回もそう考えました。

学校に行かずに、そんな愚痴ばかり母に漏らしていました。


しかしそう考えれば考えるほど自分が惨めに思えてくるのです。

過去は決して変えられないからです。


パラレルワールドって存在するのでしょうか?


もし僕が、そのまま中高一貫の高校に行っていたらどうなっていたのでしょう。楽しい高校生活を謳歌しているのでしょうか。

もし僕が、そのまま中退せずスポーツ推薦で入学した高校でやり続けたら、バスケットボールで成功していたのでしょうか。

もし僕が、試験に落ちていたら、、、、


考えたらキリがないですね。


しかし今振り返って思うことは、

これまでの自分の選択はすべて正しかったということです。

胸を張ってそう言えます。


スポーツ推薦の道を選んでいなかったら、不登校になっていませんが

都立高校に出会うことができませんでした。

都立高校に出会わなければ、こんなに努力することもありませんでした。

こんなに努力しなければ、編入もできなかったですし、

編入できなければ、最高の高校生活を送ることができませんでした。

そして、中高一貫の高校でもスポーツ推薦の高校でも、

慶応義塾大学に入ることはなかったです。


伝えたいこと

この経験を通して、僕が伝えたいのはただ一つです。

今自分がどんなに辛い状態にいても、主体性をもって目標に向かって全力で努力してください。

そしたら必ず道は拓けます。


卒業式の校長先生のような言葉ですね。


これから書きますが、僕はこの後に大学受験、そして就職活動を経験することになります。

そこでも大きな挫折を味わいます。

二つとも決して甘くありません。というか厳し過ぎる現実です。


しかし僕はこの経験があったから、これらを乗り越えていけました。

努力すれば必ず道が拓けることを学んだのです。


その話はまた次回以降に。。。


転校生のリスタート


編入試験に合格してからは大忙しでした。


まず、スポーツ推薦で入学した高校に退学届けを出しに行きます。

※都立高校の編入試験は、高校に在籍している生徒でなければ受験できません。なので、受験が終わるまで退学届けは出していないのです。


この高校の監督は僕の新たな人生を応援してくれました。

「お前がいたらもっと強いチームになるのにな(笑)」

そんな冗談も最後僕にかけてくれました。

「そんなわけあるか!」と突っ込めるほど余裕はありませんでした。

この後、このチームは全国大会でベスト8になります。

テレビの前で、知り合いの先輩たちが戦ってる姿は最高にかっこよかったです。

あの練習、OBや監督、先輩からの罵声を乗り越えて全国ベスト8です。

リスペクトしかありません。

あとで聞いた話ですが、僕が編入試験に合格したことは、僕が元いたクラス

のホームルームで話題に上がったそうです。
そこで、転校する僕をクラスのみんなは祝福してくれていたそうです。

なんて人格者たちなのでしょうか。いわば裏切り者の僕をです。


そんなクラスメイトのうちの1人と、今は同じ会社の同期として働いています。


話が逸れました。

著者の耕太郎 伊藤さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。