人生100年時代へ。生涯設計プランのススメ

前話: ゆにぷれ!すとぷり!時代は2.5次元アイドル!声でバズれ!
次話: 過重労働防止。コロナ倒産。失業。就労保険。あなたの人生に保険をかける時代

 年収を言うのは気が引ける。そして聞くのも気がひける。


 ので【人生設計プラン】を
モデル数値でたたき出したものをつかって
生きているとこれだけ貯蓄できる。
亡くなるとこれだけ生活費があって、これだけ国から出て、不足分は、これくらい。

 そういうものが
パソコンに入力すればグラフで出てくるそれが【生涯設計プラン】

【自営業】のひとほど【生命保険】に加入していないと

国民保険から出るものは少ないし、金額も少ない。


 【厚生年金】のある
社会保険のある【企業】に務める人達は
【社会保障がある】し

国民保険には【扶養】という概念がないのと、【妊娠したり出産したときに】でる金額や
【保険料】がひとりひとりかかったりする。


20代、30代で生命保険に加入していない人は健康だから大丈夫とおもっているんだろうけど
【病気になったら生命保険って条件がついたり、保険料あがったり、最悪、加入出来ない場合もある】ので

 【健康なうちに加入】しておいたほうがいい。

 既往歴あると条件がついたり、
【保険料が跳ね上がる】ため、だ。


 我社(名前は出せない)じゃなくてもいい

 自分にあった保険に、加入して万が一に備えましょう。

もちろん
私は自社が好きです!

自分の働く会社や所属するグループや推したちの仲間やリスナー友達を好きになることも必要で。

 好きになると
自然と【こういうところがおすすめです!】キラッキラの笑顔で

自信を持って勧められる。

 私が大好きなものをみんなも好きになってくれたら嬉しい。

 独占欲もあるよ。

 ほんとは、教えたくないこともあるよ、私にも。

だけど
【推しがやりたいこと】には
【布教】しかないから。

 推しの笑顔をみるために、今日も
私は推しを【拡散】している。


そしてあわよくば
【保険】もおすすめしておく!

#生命保険
#お金に愛情を込める
#万が一に備えて

#継続を目指す

続きのストーリーはこちら!

過重労働防止。コロナ倒産。失業。就労保険。あなたの人生に保険をかける時代

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。