本当は何?知りたい真実・・story57

前話: 孤独な部屋 story56
次話: 愛する人の死とは・・story58

6月24

 

 

なんだろう・・・

一昨日夢に見たばかりなのにまた悪夢だ

mの夢・・・

今回はmが出てきたわけではない

mの職場の人と話をしている私・・

なぜmの職場の人と話しているかは覚えていない

でもmの職場の人と私は話をした・・夢の中で

職場の人を誰1人として知らないのに夢では何人かの人が出てきた

職場の人に尋ねた私・・

 

「mさんはいますか?」

「・・・mさんですか?いないんですよね・・・亡くなってしまって・・」

私はmがいたらしき何も置いていなく空っぽのデスクを見た

やっぱり本当にmは死んでしまったんだ・・

 

と思った私・・こんな夢

こんな夢を見ているってことは、私はそれをしたいと言う気持ちがどこかにあるのだろうか?

職場を知っている私はmの死の事実を確かめたく行ってみようと何度も何度も考えていた

最近もたまあにそんな事を思ったりしていた

だからなのだろうか、だからこんな夢を見てしまったのだろうか

本当は生きてる説・・・

私はの中でその説が強くなっているのだろうか・・・

確認したい気持ちはある、確かにそれはある

だって私はmの葬儀にでた訳でもなんでもないから

ただ父親に伝えられただけだから・・・

いや、あり得ない父親が嘘をつくはずがない

しかも息子を死んだ呼ばわりするはずがない

でも・・・・本当が知りたい・・謎だらけな私達だから

本当が知りたい・・

続きのストーリーはこちら!

愛する人の死とは・・story58

著者のRie Akiyamaさんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。