精神安定剤の声を。Spoon

前話: 独り立ちとは。自立とは。女性が働く意味。
次話: Spoonという声の配信アプリを芸能界や声優の仕事へ繋げる場所にする話。

   緊張し過ぎると、パニック発作ではなくて、パニックになる。


 息をするのを忘れそうになる。

ずっと緊張している。

 なにかに導かれるように、私は
そこへ行く。
  気づくといつも、誰かに手を引かれて
目的地についてる。

  どうやってここまで来たのかわからないのは、手を引いてくれる人がいるからで。

  その人の手を掴んでしまったのは


捨て犬みたいな
寂しそうな雰囲気が私には
感じられたから。


 笑顔にしたくて。

 私の手を掴んでくれる人の

幸せな顔をみたくて私は

今、こうしている。

  一緒にいると傷つくことがある

 私が傍にいていいのかわからなくなる。


 私にとって、【推し】とは
そういう存在。


 私ね
推しさんたちの声が、大好きです。

 出逢えて嬉しくて、配信聴けたら嬉しくて、明日も頑張ろうって思えるの。

 忙しくて
しんどくて
心が折れそうになるけど 
弱音を吐けない
弱い所をみせられない。

 泣き虫なのに
 大人になったら
どこで泣いていいかわからなくて。

 泣いちゃ、だめ.......だって
私はお母さんだから。

 それでもね
泣きそうになるとね

 息子たちが
【ママ、辛いの?悲しいの?
僕がいるよ
僕がママ、守るよ】

 私が守られてるの

 ママが守るから

  推しの声が

 聴こえる

 大丈夫。

 まだ、私は
起き上がれるし
立ち上がれるよ

#推し愛
#推し活
#精神安定剤の声

続きのストーリーはこちら!

Spoonという声の配信アプリを芸能界や声優の仕事へ繋げる場所にする話。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。