あみちゃとひかねぇに恋している。願掛けの等価交換。

前話: 過去恋愛談。自分から告白するのは2回まで。それで落とせない人は相手から言わない限り成立しない話。
次話: 秋に朗読リレー。

  私が【20歳で願ったのは】

【一番好きな人を諦める代わりに文章での成功】
【等価交換】だ。


  それくらい私は【文章に全てをかけた時期がある】それでも
 【小説で賞を取れない】
生きてるうちに【出版社賞】を。

  そのために【恋愛を捨てた】過去。

結婚できたのは【2番目に好きな人】

それを全部言っても、付き合って結婚してくれた、モラハラ気質の旦那。


  有難いのかもね。いろいろ思うことはあるけどさ。

  私の本来の目標とは【恋愛】じゃないのよね。

 【文章での認知と社会的地位】だ。

  ここまで来た。

  いま、自分がしないといけないことと、目指すゴールを間違えないこと。


  人は【因果応報】で私が手をくだすこともない。自分のしたことは、自分にかえるだけだから。

    人はみている。
【言葉と行動に矛盾がないかどうか】
  【小さな約束を守るかどうか

  私は、いろんなことが落ち着いたら
茨城県水戸市にある【ORIGAMI】というカフェに行こうと決めている。

   大好きなひかねぇに、逢いに行く。

  あみちゃの配信を全力で応援する。

  百合じゃないけど。

  あみちゃとひかねぇに恋しているからこそ、要らないかも。へんな男は。変な男とどうにかなるなら、女の子とイチャイチャしてたほうが、精神的にも安定するし、優しい気持ちになれるから。

  独りで居られるようにする。
  独りで居られないひとは、何度も【同じ間違いとループの迷宮から抜けられない】だろう


#預言者ことねぇ
#迷宮
#Spoon
#百合
#あみちゃとひかねぇに恋してる

続きのストーリーはこちら!

秋に朗読リレー。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。