とあるライブチケットと痴漢の話

 私事で恐縮ですが、私はとあるバンドのライブを定期的に見に行っています。公演開始前に注意事項の説明があるのですが、最近、というか数年前から、禁止行為があらたに一つ加わりました。
 それが痴漢行為を禁止するというものなのですが、実際そうした「危ない」バンド系のライブでそうした行為が行われているということは風の便りに聞いたこともありますし、また体験談を耳にしたこともありますが、しかしです。ちょっとまてという話です。
 ここではっきりしておかないことは、私は鉄道警察隊員でもありませんし、なんでもないのですから、別にそうした行為をことさら非難するつもりもありませんし、そうしたい気持ちもよくわかりまするが、しかしです。
 電車でいいでしょう、ということです。バンドの中にはけっこう売れているのにもかかわらず収容人数の少ない会場でライブをおこなっている場合もありまして、発売後すぐにソールドアウトになることが多いのです。もし仮にそのなかに痴漢行為を目的としてチケットを購入している者がいるとしたら、そのためにナントカチケットのプレミア会員にまでなっている者がいるとしたらです。少しチケットを買えなかった者の身にもなれということです。
 ただそれだけの話しで恐縮ですが、私がライブに行くたびにふと感じる疑問でした。あしからず。
 かいつまんで言えば、「やるならどこ?電車でしょう」ということです。ジャンジャン。

著者の大槻 健志さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。