氷山の一角をみながら謎解きはディナーのあとで。

前話: 自分の心を大切にしながら推し活も仕事も執筆も.......
次話: 手塚治虫 火の鳥 鳳凰編 因果応報、不幸を繰り返し即身仏へなる男の話

  私は【推しのリアルを知らない】

【プライベートも知らない】だから

推しを全てわかったように思わないし、こうだと決めつけないことにしている。疑っても仕方ない、信じて馬鹿を見ることが多いけど 
  私は書く【テーマ】を決めて書くときは
まとまるけど
  なんとなしに【感情で書くと意味不明な文章】になる。

【短文】は、誤解を産む。

また私が【主語なしツイート】をすると
【当てはまった人は自分が言われた、責められた】と思うだろう。


 私が書いているのは【自分へのメッセージ】をTwitterで共有している。

 【共感者】を【求めて書いてる】
誰かを責めたいとか、陥れたいとおもっていない。

 【一時の感情で話したり書くことの恐ろしさ】を知っているからだ。

 過去に、それで私は親友を失っている。

【思いやりの心】を忘れると
友達だろうと恋人だろうと、推しだろうとね。

 【傷つく】

 推しだから何しても良いわけじゃないし
リスナーもどんな推し方してもいいわけじゃない。
  【思いやり】だよ

どちらも何してもいいなんて、あるわけない。主従関係のようではない。いつでも【フェア】で【フラット】な関係性じゃないと喧嘩になる。


揉める時って【片方だけが悪いってことは絶対有り得ない。両方に寄り添う気持ちが欠けていたりする】

 すれ違い、行き違いは
【コミュニケーション不足】から起きる。

貴方がみているのは、私という、【ことねぇ】という人間の【氷山の一角】で

見えてない海底に沈んだ8割。を貴方はご存知ない。

【推しとリスナー】もそう。

 【私生活やリアル】を話してないひとは、それだけ【リアルとネット】を切り離している。

【本当に信頼した人のみに話す】のかもしれないが

 誰にでも話す、私は【危うい】だろうが
  【裏表】は、ない、ということは知っておいて欲しい。

 【素をさらけ出せない】ほうが
 【リアルに何かある】

もちろん、それがいけないわけじゃない。
  【異文化コミュニケーション】だ人と人は。

 【一部をみて、全部を決めつけない】こと。それだけ。


 物事を多方向の角度から【俯瞰して】見れないひとは、【客観視】できないわけだから、自分自身も【わかっているようでわかっていない】可用性がある。

私の文章は
【人に依存されやすい】

【母性の塊】で【温かい】と言われることが多々あるが

 文章に滲み出るのは【人柄】だと私は思う。私の文章を好きになるひとは、私も好きになる。
  大好き、です。私の文章を応援してください。

 貴方の力を私に貸してほしい。

私にとって【推しはアイドル】で
私が推しの全てを知ることは無理だ。理解しようとはするけど。

 それと同じで
【推しさん】も【私というリスナーの全て】を理解したつもりでも、それは【氷山の一角】で
  私にもコアがあるのだということをお忘れなきよう.......


#謎解きはディナーのあとで
#櫻井翔
#Spoon
#氷山の一角

続きのストーリーはこちら!

手塚治虫 火の鳥 鳳凰編 因果応報、不幸を繰り返し即身仏へなる男の話

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。