インターネットの縁。

前話: 頭痛と営業と。【表舞台の自分のポジション】
次話: 人のものを欲しがる同性から避けられても仲間はずれされてもラッキーな話。フレネミー

  SpoonもTwitterもSkypeもdiscordも。



 【インターネット】の縁を
【ネットだから】とぶった斬るひとがいる。これがいけないわけじゃない。こういう人もいる。

  【他人は変えられない】
変わることが出来るのは【自分だけ】だ。

  私は歯科衛生士時代、芸能人もくる歯科医院があった。
  数ヶ月しかいなかったけど。

  パートなのにほぼ正社員なみにシフト組まれるから、扶養の範囲内で働けなくて。それでもそこでもだし   
  【担当制歯科医院】も永年勤務してきて

 【ご指名】というものは
  【永遠】ではない。
  【指名替え出来ません】という
【ホストクラブや銀座のクラブ】でもない限り

  【指名替えはお客様、リスナー、読者の自由】だ。


  【選ばれ続ける】しかないのだ。
私は担当制で患者に選ばれ続けた。
今は読者に選ばれ続けるしかない。
  

だから私は【自ら選んでいる】
【推しを】
【神推し】を。

  私が、選んだ。
  だからもう、どんなことになっても 
【自己責任】と【自業自得】とおもって推していく。

 【覚悟】だ。

 【推す覚悟】

 この【覚悟】が甘いと【傷つく】

自分自身が。

 インターネットだから、【絶対】がない。推しもいつか引退するかもしれないし、ばぁん!と消えるかもしれない。

  ただ、私は【文章】を人の記憶の欠片に刷り込ませられるらしい。

   その記憶欠片が、いつか
花の種のように、芽を出す。

   思い出す、いつか、私を。
  

インターネットでの縁で居なくなるひともいる。

  私は居続ける。
  簡単に自分のポジションを
人に譲らない。

  申し訳ない。時期がきたら
私も【引退】するんだろうけど  
  まだ書き続ける。
  傷つくことがあっても。


#覚悟
#Spoon
#Twitter
#インターネット
#SNS

続きのストーリーはこちら!

人のものを欲しがる同性から避けられても仲間はずれされてもラッキーな話。フレネミー

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。