命を第一に護ること。

前話: あなたの常識は、世間一般の常識と同じですか?
次話: 小さな幸せ。アリエッティのような小人ことねぇの物語。

   私は【友達】に

仕事を辞めたいとき、転職するとき

 【内容が命に関わるかどうか】で背中を押す

  【鬱になる】ような精神的に
【追い詰められる】環境の場合
なりふり構わず辞めるよう勧める

  【ルールとか社会人として】とかそんなきちんと辞めるのは【きちんとした会社】ならそういう

  【相手がブラック企業、常識が通じない、理不尽、ストーカー、こちらの気持ちを理解しない人】の場合
 【誠実にやる】必要すらないと
私は本気で思っている。

 なかには【相手がまともでなくても自分は誠実に順序おって】のひともいる。それも一つだし、否定はしない。私はしないだけ。
  私のようにしなくていい。
  私も貴方のようにしなくていい。
別の人間だからやり方も生き方も選択も違っていい。それらを認めあって、仲良くするのがコミュニケーションだし、友達だと思っている。



 友達にも私も
不誠実な企業は【自分の信念を貫き】
もちろん、払ってもらうべきものは払ってもらう
  泣き寝入りしたことは、一度もない。

  【自分を大切に】

そしてお金も大切
生活も大切

 だけど【命】が1番大切。
  精神的にやられてしまうと そこから持ち直すことは、難しい


 【ルール違反】しろってことを進めているわけじゃない
 自分自身の緊急事態のときは

 自分の【インスピレーション】で動くしかない

 助言やアドバイスしてくれる人 
が【自分の価値観を押し付けて】いるだけだったら

 離れるしかない
どんなに相手を好きでも
お互い【認め合う】
【違いを認め合う】

みんな【価値観】も【大切に思うことも違う】

  優先順位も違う

【貴方の物差しと価値観】だけが 【全て】じゃない
  私の意見も【全て】じゃない
それだけだ
  人と関わると毎日が
異文化コミュニケーション


#命
#コミュニケーション
#異文化コミュニケーション
#価値観

続きのストーリーはこちら!

小さな幸せ。アリエッティのような小人ことねぇの物語。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。