【行動】を皆みている。【言葉】ではなく。【こう言っているけど行動が本音】なのだと。館花琴音

前話: 素直に行かない
次話: 【文章で人をやる気にする奇術師になる】

  【口ばっかり】となる。社会人になると。


希望という名の嘘をファンに言えるのは
【選ばれた芸能人】だけ。
推しの子の漫画を出ているだけ読んでみよう。そこにも書いてある。

  【小学生】が【未来の夢】を語るのはいい。【子ども】だからだ。

  【成人した大人が酔っ払っているわけでもない、キャバクラやホストクラブで夢語りするでもない、シラフで話したことを真に受ける大人もいる】のだから

  【成人したら書く言葉や言う言葉に責任が伴う】ことを、忘れてはならない。


  特に【成人したら言動は一致】するようにしないと【人は信頼しない】し【離れていく】のだ。

 そんなの、仕方ない。

 そしてそれは【自分で気づかないと行けない】のだ。


 私もそうだった。
 私に刺し違える覚悟で知らせてきた女友達が2人いる。
  【そのまま行くとことねちゃんが苦しくない?!しんどくない?】そう

  【冗談を真に受けた子にはすぐ嘘だと訂正する、これは夢語りだと付け加える】だけでいいと。

  それだけで【防げる】と。

あろうことか私はそこまで自分を心配した子を遠ざけた。
  その一年後、私は【孤立】して友達がほとんど居なくなって気がつく。

  信頼を取り戻すのに【2倍の年月】が掛かった。
  だけど【ひとり、ふたり、と】戻ってきてくれたのだ。

 【ことね】ちゃん変わったね!
【人をモノ扱いしなくなったし、言ったことをちゃんと有言実行するようになった】と。


 【失ってから】私は気づいた。戻ってきてくれたけど、【戻ってこない】人もいた。

  どれだけ【周囲から愛されていたのか】を思い知った。

  どれだけ【助けて】もらい【フォロー】されていたのか。


それを【ありがとう】といいながら、釣った魚に餌をやらないで放置していたのだ。

  【世話をされなかった魚】は死にそうになりながら、海へ逃げたのだ。


 なのに【シャケ】のように

また戻ってきてくれた仲間や友達がいる。

 【遠くから見ていて】くれたのだ。

私が【その後どう行動するのか】を。


私は誓った【もう自分の文章で人を傷つけない。傷つける側の人間には、ならない。希望を与える側になる】と。

 それが22歳の私の誓いだ。

いま、私は40歳だ。
 18年間、その約束を守り続けている。そしてその文章は、今日も誰かの希望となるように、ヴァイオレット・エヴァーガーデンのように、描き続けている。



#ヴァイオレット・エヴァーガーデン
#手紙
#過去
#黒歴史
#心
#距離感

続きのストーリーはこちら!

【文章で人をやる気にする奇術師になる】

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。