だめんず男に恋する女と大人の男に恋する女の違い

前話: 船越英一郎に学ぶ。エヴァンゲリオン初号機の活動停止のように【館花 琴音、沈黙しました】
次話: ネオロマンス アンジェリークの守護聖たち。女王になるか恋に生きるか。

  【だめんずうぉーかー】倉田真由美さん


の漫画を知っていますか?!


世の中にはドラえもんの、【源しずか】を【現実世界】でやる女がいます。

  【この人は私が居ないとダメなんだ】





 成人男性を【この人は私が居ないとダメなんだ】は
やばい。


  無邪気で可愛いけど【責任が取れない男性】ということです。

  可愛いかもしれません。

 ほっとけないかもしれません。

が。

  最後に待っているのは
  【結婚出来ません】だと思う。


  幾つになっても【結婚を踏み切れない男性も一定数】います。
  その人の【結婚適齢期】があり
【30過ぎたり40歳とか50歳】とか。

  そこでする、または【一生独身】です。

そしてそれがいけないことは。ない。そういう男性がいてもいいし、生き方をしてもいい。

  ただ、それに付き合った女性は
 【よし!次はちゃんと大人な男性と付き合おう】と

  なるのですが
  女性には【出産適齢期】があります。

  中には20代をだめんずと過ごしてしまう優し過ぎる女性もいます。

  賢い女は【未来が見えない、よし別れよう】って短期間でだめんず男を切り捨てますが

   【クズ男見極め本】の教本
なるものが本屋に陳列するくらいだから
   今後も引っかかる人はいるのでしょう。

好きだから一緒にいれたらいい。

 人もいるので

  ただグッドラック!
 と祈る。

 行きはよいよい帰りはこわい
怖いながらも通りゃんせ通りゃんせ

童謡のようだ。



#童謡
#ベストセラー本
#本屋
#だめんず
#倉田真由美

続きのストーリーはこちら!

ネオロマンス アンジェリークの守護聖たち。女王になるか恋に生きるか。

著者の館花 琴音さんにメッセージを送る

メッセージを送る

著者の方だけが読めます

みんなの読んで良かった!

STORYS.JPは、人生のヒントが得られる ライフストーリー共有プラットホームです。